一般財団法人 太陽光発電システム鑑定協会、太陽光発電システムの検査サービスを本格的に活動開始!

@Press / 2012年10月25日 10時30分

SOKODES画像
一般財団法人太陽光発電システム鑑定協会(所在地:東京都千代田区)は、2012年10月から太陽光発電システムの検査サービスを本格的に開始しました。今まで発見が比較的に困難だった太陽光パネルの不具合を自動検出する装置を使用する事で、「短時間」「低料金」で検査サービスをご提供します。

一般財団法人太陽光発電システム鑑定協会URL: http://pv-kantei.or.jp/


■一般財団法人太陽光発電システム鑑定協会の設立の目的
当協会は、太陽光パネルの設置者様(発電事業者様)・施工業者様・メーカー様の共存を目的とした太陽光発電システムの点検・検査などを行う第三者機関です。


■太陽電池アレイの不具合を検出する装置「SOKODES」
当協会の提供する検査サービスには、太陽電池アレイの不具合を自動検出する装置「SOKODES(ソコデス)」を使用しています。
今までは、太陽光パネル単位での障害個所の特定は難しく、メンテナンス上の課題となっていましたが、「SOKODES」は、複数の太陽光パネルの電気抵抗を同時計測し、配線の接続不良などを即座に検知、障害個所を特定する事が出来、検査時間の短縮にもなり低価格での検査サービスを可能にしました。


■検査費用
基本的には会員様向けのサービスとなっておりますが、一般の方でも検査をお受けしています。

キャンペーン期間 :2012年10月25日~2013年2月25日まで特別価格
一般住宅/会員様 :通常20,000円⇒特別価格15,000円
     非会員様:通常30,000円⇒特別価格20,000円
メガソーラー/会員様、非会員様とも期間中は通常お見積金額から30%OFFの特別価格


■検査データ保管
キャンペーン期間中に検査を実施された会員様、非会員様は無料


※交通費は実費別途(半蔵門線「半蔵門」からの交通費1名分)がかかります。
※検査をお受け出来るエリアは一都三県(東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県)とさせて頂きます。
※価格は全て税抜き価格となっております。


《太陽光発電システムの現状》
(1)メンテナンスフリーだと勘違いしていて定期検査やメンテナンスを行わない
ある機関が調査した結果「5年間で約30%の不具合」が発生しているとの事ですが、それにも関わらず、太陽光発電システムの検査やメンテナンスの重要性が認知されていません。
(2)故障や不具合を発見するのが困難
太陽光発電システムには可動部が無く、故障があっても異常音が出ないため発見されません。また、電圧・電流を測定しただけでは故障や不具合個所の特定は出来ません。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング