「Bizホスティング Enterprise Cloud」の機能強化について

@Press / 2012年10月24日 12時0分

 NTTコミュニケーションズ(略称:NTT Com)は、企業向けプライベートクラウドサービス「Bizホスティング Enterprise Cloud」(*1)において、重要で複雑なICTシステムを高セキュリティなクラウド上に安心して構築できる「仮想サーバーセキュリティサービス」と「サーバーセグメント拡張機能」の提供を開始します。
 また、「Bizホスティング Enterprise Cloud」を再販売する事業者向けに「ホワイトラベル機能」の提供を開始します。お客さまのアプリケーションサービスや運用サービスと組み合わせることで、付加価値の高いクラウド事業を展開できます。


1.仮想サーバーセキュリティサービスの概要
 現在提供中のネットワークセキュリティやWebアクセスセキュリティなどに加え、低価格かつ迅速なセキュリティ対策を仮想サーバー向けに提供します。お客さまは、NTT Comのセキュリティ専門部隊であるセキュリティオペレーションセンターが提供する高品質なセキュリティマネジメントを利用できます。
別紙: http://www.atpress.ne.jp/releases/30958/1_5.pdf

(1)ウイルス対策
 「Bizホスティング Enterprise Cloud」上の仮想サーバーに対するウイルス検索・駆除・隔離・削除といった機能を、従来の約1/4の価格で提供します。ウイルスやスパイウェアなどのマルウェア感染から仮想サーバーを保護し、システム環境の変更や停止、踏み台による更なる被害の拡大を防止します。

(2)仮想パッチ
 従来、OS・ミドルウェア・アプリケーションなどにおいて新たな脆弱性が発見された場合、ベンダーが提供する正式なセキュリティパッチがリリースされるまで多くの日数がかかっていました。今回提供する機能は、仮想的なセキュリティパッチを迅速に作成・適用することで、最新の脆弱性を狙ったさまざまな攻撃から仮想サーバーを保護します。

(3)VM間ファイアウォール
 クラウド上の仮想サーバー間における攻撃・不正プログラムの通信を防御します。万が一、利用中の仮想サーバーがウイルスに感染した場合であっても、同一セグメント上にある他サーバーへの被害拡大を防止します。

【提供開始日】
2012年10月31日

【利用料金(税抜)】
仮想サーバーセキュリティサービス:ウイルス対策(VM)
工事料金   :50,000円/工事
利用料金(月額):6,200円/VM

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング