紙文書をコピー感覚で即翻訳!富士ゼロックスの複合機対応翻訳サービス『スキャン翻訳サービス』に、高電社が、自動翻訳エンジンを提供

@Press / 2012年11月5日 10時0分

スキャン翻訳のイメージ1
株式会社高電社(本社:大阪市阿倍野区昭和町3-7-1、代表取締役社長:岩城 陽子)は、2012年11月5日、富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区赤坂9-7-3、代表取締役社長:山本 忠人)よりサービス開始される複合機を活用した自動翻訳『スキャン翻訳サービス』に、自社開発の中国語翻訳エンジン、韓国語翻訳エンジン「J-SERVER Advance(ジェイサーバーアドバンス)」を提供いたします。


英語、中国語、韓国語など多言語翻訳が可能な「J-SERVER Advance」は、富士ゼロックスの社内はもとより、各種大手企業の社内SNSや国内最多の利用者数と囁かれるエキサイト翻訳などの大手ポータルサイト、大手通信キャリアや国立国会図書館など公共機関でも数多く導入されています。


■ コピー感覚の簡単操作で、富士ゼロックス複合機で翻訳された紙面がプリントされる『スキャン翻訳サービス』
『スキャン翻訳サービス』は、コピーする簡単操作で、紙に印字された日本語や外国語の文書を自動翻訳するクラウド型(SaaS)自動翻訳サービスです。本サービスは、富士ゼロックスの複合機でスキャンされた文書がインターネットを経由して、クラウド上の弊社翻訳システムが自動翻訳し、レイアウトを保持したまま同複合機でプリント出力します。
また、紙文書だけではなくパソコンからDocuWorksやPDFなどの電子文書をアップロードし、翻訳した電子文書をダウンロードする機能も備えています。
当サービスは、これまでスキャナで文字認識し、これをパソコンに取り込んで翻訳するといった作業をオフィスフロアの誰もがボタンひとつで「外国語の文書の内容をすぐに把握できる」、「母国語が異なる人同士のコミュニケーションを円滑にできる」など、ビジネス、職場でのグローバル化、スピード化をさらに前進させます。


■ 富士ゼロックスと5年以上の共同開発を行った高電社翻訳エンジン
『スキャン翻訳サービス』に搭載の中国語・韓国語翻訳エンジンは、高電社が富士ゼロックスと5年以上もの歳月をかけて共同研究、開発を行ってきた独自翻訳エンジンです。この翻訳エンジンには、専門用語辞書の分野選択の他、社員名や商品名などの固有名詞や社内オリジナルの略語など、カスタマイズが必要な単語をユーザー辞書に登録・アップロードする機能も備わっており、飛躍的に翻訳品質を向上させることができます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング