ヤマサ醤油が、国内最大級の料理写真共有アプリ「SnapDish料理カメラ」で第1号となる公式アカウントを開設 麹を使った料理投稿キャンペーンをSnapDish×Facebookページで開催中

@Press / 2012年11月1日 10時0分

SnapDish ヤマサ醤油公式アカウント画像
ヤマサ醤油株式会社(本社:千葉県銚子市、代表取締役社長:濱口 道雄)は、国内最大級の料理写真共有アプリ『SnapDish(スナップディッシュ)料理カメラ』 https://itunes.apple.com/jp/app/snapdish/id439571223?mt=8&ls=1 (以下、「SnapDish」)で第1号となる公式アカウントを開設しました。また、公式アカウント開設記念として、「麹を使った料理」投稿キャンペーンをSnapDishとFacebookページ「醤油の魔術師(ヤマサ醤油 鮮度の一滴)」 https://www.facebook.com/sendo.yamasa/app_213256562140042 を連携させて開催します。

スマートフォンの普及に伴い、LINEなどのコミュニケーションアプリがユーザー数を急速に伸ばし注目されていますが、SnapDishは、料理写真を美味しそうに加工でき、料理や食べることが好きな人たちと共有、コミュニケーションできる写真共有アプリです。2011年5月のサービス開始より、家庭で手料理を作るユーザーを中心に利用者を広げ、現在までに130万枚以上の料理写真が投稿されるなど、国内では最大級の料理写真共有サービスとなっています。

ヤマサ醤油は、生活者の様々な行動実態に合わせた360度マーケティングにより最適なコミュニケーションを図っており、Facebook、mixi、Twitter、Pinterest、ブログ、YouTubeなど様々なソーシャルメディアにおいて公式アカウントを運営するとともに、コーポレートサイトやキャンペーンサイトにおいてもスマートフォン対応を強化しています。

こうした観点から、スマートフォンを活用して、料理写真をもとに、料理好きな人たちや友達とつながって毎日のおいしい!を共有するコミュニケーションアプリのSnapDishにも早くから注目し、本年1月には、SnapDishとFacebookページ「醤油の魔術師(ヤマサ醤油 鮮度の一滴)」を連携させたキャンペーン「お雑煮グランプリ2012」を開催し、大変好評を博しました。

今回、公式アカウント開設記念として、「麹を使った料理」投稿キャンペーンを開催します。今秋に新発売した「ヤマサ 塩麹鍋つゆ」が売行好調であり、近時、しょうゆの良さにこだわった書籍「ヤマサ醤油のしょうゆ合わせ米麹レシピ」(世界文化社)も出版したことから、塩麹、しょうゆ合わせ米麹、甘酒のいずれかを使った料理写真を募集するものです。

@Press

トピックスRSS

ランキング