日本初!託児スペース付きシェアオフィス「しぇあたく」12月3日オープン 11月下旬より内覧開始

@Press / 2012年11月8日 16時0分

しぇあたく理念
子育てをしながら、自己実現を目指す両親を応援するHybridMom LLC(所在地:東京都千代田区、業務執行社員社長CEO:三宅 恵理)はこの度、東京都千代田区三番町に、シェアオフィスと託児(プリスクール)施設を融合させた日本初のシェアオフィス「しぇあたく」をオープン致します。


【「しぇあたく」について】
「しぇあたく」は日本で初めての託児スペース付きシェアオフィスで、育児をしながら自己実現に向けて活動するハイブリッドマム(お父さんお母さん)のためのコラボレーションスペースです。
従来、託児所を併設した企業であったり、近辺に託児所のあるシェアオフィスは存在していましたが、「しぇあたく」のようなオフィス内に託児所を構えるモデルは日本で初の試みとなります。

「しぇあたく」は託児(プリスクール)を中心とした複合施設の呼称で、シェアオフィス以外にも、カフェ、ホテル、テナントビル、レストランなど幅広い業種やサービスに応用が可能です。
周辺ビジネスモデルを特許出願済みです。(特願2012-165669)

オープンは2012年12月3日(月)。同年11月下旬から施設内覧開始と、無料で1日お試し頂けるイベントを予定しています。同様の施設を2013年度中に10カ所、2014年度中に海外展開も行って参ります。

<しぇあたく三番町 概要>
所在地 :東京都千代田区三番町28-7
規模  :約70坪/1フロア
アクセス:JR市ヶ谷駅から徒歩12分
     東京メトロ九段下駅から徒歩7分
※ご利用には会員登録が必要です。当社ホームページよりお申し込みください。


【「しぇあたく」の特徴】
<託児ブースについて>
シェアオフィスを利用する会員専用の託児スペース「BabyKid Room」では、専任スタッフが常駐します。都内(23区内)親子無料送迎や病児保育、オーガニックランチ等、思いやりを重視した空間で大切なお子様をお迎えします。
対応は朝の8時から夜の22時まで行っており、子供を持つ働く両親が「本当に欲しかった支援」を実現しています。

また、東京しぇあたく三番町では世界最高水準の教育プログラムである「国際バカロレア(IB)」認定の日本人向けインターナショナルスクールが監修した学習カリキュラムを提供します。幼少期に、日本人として、国際人としての素養を高められる質の高いプリスクールを併設予定です。
そして、何よりも当社がこだわったのは、「親子の絆」を深めるスペースとしたかった事です。希望者は、授乳スペースで子供に授乳する事ができる他、食事を一緒にとって頂く事が可能。授乳中の母親の一番の悩みは「おっぱいの張り」。保育園に冷凍母乳を与えてもらう母親の多くは、乳腺炎を伴う場合も多く、深刻な問題です。授乳したい時にいつでもできる環境を整える事で、親子は心身ともに健康でいられます。また、「親子一緒に食事をとる」という事は、情操面の発達に大きな影響があるといわれています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング