ユビキタス社、ECHONET Lite準拠のミドルウェアを開発、Marvell(R)スマートエナジープラットフォーム向けに提供~わずか10KBのメモリサイズを実現※1、ECHONET Lite対応機器の開発期間を大幅に短縮~

@Press / 2012年11月12日 11時30分

利用例及び概要イメージ
株式会社ユビキタス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:三原 寛司、以下 ユビキタス社)は、「ECHONET Lite SPECIFICATION Version 1.01」に準拠したミドルウェアを約10KBから実装可能な極小サイズで開発、Marvell(R)スマートエナジープラットフォームに向けて提供することを発表いたします。

近年の地球規模での環境、エネルギー問題の波を受けて、電力エネルギーの需給バランスを考慮したデマンドレスポンスの実現や、家庭での効率的な家電機器の利用、コントロールが命題となりつつあります。日本では、1997年より、エコーネットコンソーシアムにおいて、家電機器の遠隔制御/モニタリングなどに活用できるホームネットワーク基盤の規格である「ECHONET」の基盤技術の標準化が進められております。
また、今年度より経済産業省が家庭での効率的なエネルギー利活用推進のためにECHONET Liteを「HEMSにおける標準インターフェース」として認定、補助金対象としたことを受け、国内におけるHEMS、ホームコントローラー市場の活発化を予測しており、2030年までには市場規模が累計で134兆円となる※2ことが見込まれています。

ユビキタス社では、この市場において、ホームネットワーク対応の家電機器に組み込まれるECHONET Liteに着目し、自社が得意とする「小さく」「軽く」「速い」ネットワークソリューションの実績と技術を生かして、白物家電などへの組込みで要求される、限られたシステムリソースかつ低消費電力で安価なマイコン上での動作を可能にしたECHONET Lite準拠のミドルウェア開発を行いました。本ミドルウェアの最大の特徴は、非常にコンパクトに設計されたコア部分と各機器オブジェクトをコンポーネント化し、10KB程度の極めて小さなメモリサイズからの実装を可能としており、機器本体のマイコンなどの追加リソースを必要とせず、限られたメモリしか搭載されていない無線モジュールなどへの内蔵も可能となっています。

今回、各家庭において広く普及している無線LAN(Wi-Fi)に着目し、無線LAN市場においてグローバルに大きな実績と競争力を持つMarvell社から投入されたスマートエナジープラットフォームに、ユビキタス社のECHONET Lite準拠ミドルウェアを提供しました。
Marvell(R)スマートエナジープラットフォームにビルトインするだけで複雑な開発無しでECHONET Lite準拠の製品を実現するワンストップソリューションとして、両社で協力しながら各モジュール/ボードベンダーなどを通じ、ハードウェアメーカーへ提供し、市場獲得を目指していく予定です。

@Press

トピックスRSS

ランキング