大学口コミサイト「ガクラボ」、名古屋の学習塾と提携し、愛知エリアへの拡大を開始

@Press / 2012年11月16日 11時30分

「ガクラボ」ロゴ
株式会社オモレイ(本社:京都府京都市、代表取締役:大亀 靖治)は、2012年10月に進学情報サイト「ガクラボ」の愛知エリアへの拡大・サイトリニューアルを行いました。また、それに伴い、株式会社青藍義塾(本社:愛知県名古屋市、代表取締役塾長:坪田 信貴、以下 青藍義塾)と共同で学習塾の生徒の口コミを活用したコンテンツの充実を図ることになりました。

「ガクラボ」: http://www.gakulabo.com


■開設背景
今までの進学情報サイトは、大学や専門学校が宣伝として情報発信したものを掲載しています。そのようなことから、悪いところをアピールする学校は当然なく、良いところばかりが集められた情報になっています。特に近年では、高校生の生徒数減少により、大学・専門学校の生徒募集が積極的に行われています。そのような状況下で、過剰な宣伝が行われ、問題視されている実情もあります。
そこで「ガクラボ」では、大学や専門学校が発信している情報ではなく、実際にその学校に進学した先輩達の生の声を集めて、口コミとして掲載しています。そこには良い評価の意見もあれば、悪い評価の意見もありますが、それこそが、高校生が必要としている情報だと確信しています。


■「ガクラボ」サイト 概要
1. 学習塾のコンテンツを活用
愛知エリアでは、青藍義塾の卒業生の口コミを掲載し、実際に塾の先輩が進学してみてどうだったか?という口コミが掲載されます。塾の生徒はもちろん、保護者、塾講師の方も参考になる情報掲載が可能となりました。またサイト内でパンフレットを取寄せることが可能となるため、塾の生徒の利便性も上がります。

2. 口コミ情報の掲載
少子化の影響で進学希望者が減り、一般的に将来予測されているのは進学先の閉鎖・募集停止の増加です。その上で生き残りをかけて生徒募集に力を入れ、実際の情報とは若干異なる表現、就職実績100%・資格取得者98%等が多々見受けられます。私たちはそういった情報が本当に正しいのかを、口コミにより掲載していきます。


■株式会社オモレイについて
京都の学生ベンチャー、株式会社オモレイは代表の大亀 靖治が、最初はリアカーの屋台で焼き栗販売をしながら立命館大学在学時に設立しました。京都商工会議所主催の平成18年度京都・学生アントレプレナー大賞で準賞を受賞し、フリーペーパーの発刊・インターネット回線販売等を経て現在5期目となります。大阪市立鶴見商業高等学校にてキャリア教育の授業を担当し、その取り組みの成果が認められ、学校は文部科学大臣賞を受賞することができました。高等学校のキャリア教育向けの講演も多数行っております。


■会社概要
商号  : 株式会社オモレイ
代表者 : 代表取締役 大亀 靖治
所在地 : 〒600-8091 京都市下京区東洞院通四条下ル元悪王子町46-1 ビル稲葉2F
設立  : 2008年6月
事業内容: 進学コンテンツ事業・ブロードバンド推進事業
資本金 : 1,000,000円
URL   : http://www.omorey.com/

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

「ガクラボ」サイト イメージ「ガクラボ」 イメージ説明画像

@Press

トピックスRSS

ランキング