商店と連携した地域活性化に繋がる家事代行事業誕生! ― サービス料は大手より安く、報酬は時給1,500円と業界一高い ―

@Press / 2012年11月12日 11時30分

空家を活用したシェアハウスの企画開発を行うシェアプロデュース株式会社(所在地:東京都杉並区、代表取締役:山本 久雄)は、希望の曜日や時間帯で働きたい女性を募集し、面接審査・研修を経て、地域の高齢者世帯や共稼ぎ世帯等から家事代行を受託する事業を杉並区阿佐ヶ谷で開始いたしました。


■地域と連携した顧客開拓
顧客開発方法は、チラシや訪問で開拓するのではなく、古くから地域で営業している様々なお店と連携し、お試し無料券(通常/家事代行2時間:5,670円)を来店者へ配って頂き、要望のあったご家庭に無料で家事代行を実施いたします。

便利さを実感して頂くことで、お試しされた約半数の方が定期契約して頂いております。

紹介して頂いたお店にも「よいサービスを紹介してくれた」と感謝の声が届くことが多く、地域と連携しながらサービスの拡充を行なっています。


<サービス拡充が地域経済の活性化へ>
家事代行スタッフ(ワークスレディ)には「業界一の高時給1,500円」の条件として、必ず地域連携のお店で買い物することを契約に明記しており、本サービスの拡充が地域のお店にとっても新たな顧客拡大にも繋がる、「地域でお金が回る」仕組みになっています。


<シェアハウスをサービス拠点とするメリット>
この仕組みは、大手家事代行会社と違い、シェアハウスを拠点とするため家賃がかからない(=開業経費の負担が小さい)ため、時給1,500円という高条件が実現できていること、そしてこの高条件に経験豊かな方々が集まり、高品質のサービスを提供できていることで成り立っています。

さらにシェアハウスは元々住宅のため、掃除の研修もいつでもでき、家事代行スタッフ(ワークスレディ)の技術向上も図ることができます。


<FC展開「パートナーシステム」を展開>
当社は、この方式を「地域雇用と消費に貢献する事業」としてある程度の人口数の都市でも活用できると判断し、地域密着事業に関心のある企業や自宅を活用して起業したい個人対象に本年10月から「パートナーシステム」の名称でFC展開を開始しております。


【会社概要】
名称  : シェアプロデュース株式会社
代表  : 代表取締役 山本 久雄
      (一般社団法人シェアハウス振興会 代表理事)
所在地 : 〒166-0004 東京都杉並区阿佐谷南1-8-3 プリエ阿佐ヶ谷内1C
事業内容: 各種シェアビジネスの開発及び地域活性化の各種プロデュース事業
URL   : http://www.sharepro.jp

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング