国内唯一のインプラント保証機関、ガイドデント インプラント等の歯科治療において歯科医師、患者、双方の長期パートナーを目指し、新サービスを12月1日から提供

@Press / 2012年11月13日 14時0分

インプラント治療に関する国内唯一の保証機関の株式会社ガイドデント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:石井 貴久、URL: http://www.guidedent.co.jp )は、インプラント等の歯科治療において歯科医院及び患者との長期にわたるパートナー関係構築を目指し、2012年12月1日から新しいサービスの提供を開始します。歯科医院向けにはインプラント治療患者管理システムの提供やマーケティング支援等を行うサービスを、患者向けには電話・メール・面談での相談窓口を設けたり、インプラント治療後の長期メンテナンスを支援したりするサービスを提供します。


【歯科医院の現状 ― 過当競争による厳しい経営環境】
厚生労働省が2011年10月に発表した「平成22年(2010)医療施設(動態)調査・病院報告の概況」によると、国内の歯科医院数は約68,000施設に達し、同時点での拠点数では約43,000店のコンビニエンスストアを上回るほどで明らかに過当競争となっています。事実として、2008年と比較して2010年の歯科医の年収が減少しているという調査結果(同省「賃金構造基本統計調査」の2008年と2011年の調査結果を比較)からも容易に推察できるように厳しい経営環境に直面している歯科医師は少なくありません。
大多数の歯科医師が、経営の安定化のためにもインプラントを含む各種歯科治療に始まり、その後のメンテナンスや予防歯科に至るまで患者と長く良好な関係を築くことの必要性を感じながらも、人材及び資金等の経営資源の不足からその実現の糸口をつかめないのが現状です。


【患者の現状 ― 求められる相談窓口と「かかりつけの歯科医」選定】
近年、インプラント治療の著しい普及により、多くの歯科医療機関で治療が可能となり、延べ800万本以上のインプラントが埋入されている(株式会社矢野経済研究所の「2011年版歯科用機器・材料市場の現状と将来展望/2011年6月」発表データより当社が推測)一方で、トラブルも多く報じられています。歯科医療機関側の治療等に起因するトラブルが大半ですが、患者自身の治療後のメンテナンスに対する意識の希薄さが遠因といえる側面もあります。また、患者が転居する場合、約8割が紹介なしに次の歯科医院に転院するという調査結果もあります(ガイドデント2012年10月調べ)。
歯科治療の患者が抱える悩みや不満は、気軽に相談できる窓口がなく、歯科医院が身近に複数開業している中で何を基準に選択したら良いのかが分からなかったり、予防歯科や治療後のアフターケア等を一任できる「かかりつけの歯科医」が見つからなかったりすることです。


【歯科医院と患者の「架け橋」となるサービス提供を目指す】
ガイドデントは、この度、かかる歯科医院と患者双方の課題を解決することを目指し、歯科医院向けには経営総合支援サービス、インプラント等の歯科治療受診前後の患者向けには総合相談窓口(コンシェルジュの役割)の提供を2012年12月1日から新たに開始します。
同経営総合支援サービスは、歯科医院がより良い治療ができるように、インプラント治療患者管理ツールの提供(月額3,980円~)、セミナー等による情報提供や厚生労働省の「医療機関ホームページガイドライン」に準拠したサイト作成などのWeb等のマーケティング支援(月額10,500円~)を各歯科医院の課題に応じて提供します。その他には定期メンテナンス代行サービスや広報活動等も支援します。従来は各種個別事案での対応や試験的な取り組みの段階だったものを拡充し、総合的に経営の安定化に寄与できるサービスとして本格的に展開します。

患者向けにはインプラント治療の総合相談窓口として、従来の電話対応に加え、メールによる24時間対応、全国主要都市(東京・大阪・名古屋)にて相談会を開催することで相談業務の拡充を図ります。まずは、第1回相談会を2012年12月9日に東京スカイツリー ソラマチタウンにて実施します。さらに転居等に左右されないようにインプラント治療後のメンテナンス状況等を含む情報の長期管理を行うとともに、「かかりつけの歯科医」の選定や転居時の医院紹介等を行います。2013年春にはインプラント治療総合情報誌(ムック)を刊行する予定です。

ガイドデントは、既に同年10月10日にインプラントに関する総合相談サイト「グローバル・インプラント・サポート」(URL: http://www.implant-global.jp/ )を開設しています。同サイトは、現在のインプラント治療の抱える問題点を、患者と医師、両方の面から分析し、“インプラント難民”となってしまった患者の救済と、様々な事例などの情報提供による医師の支援を目的にしています。

今回新たに提供するサービスは、歯科医院と患者双方への支援を広範かつ多様な領域まで拡充し、両者の「架け橋」となることを目指したものです。2013年春以降に、歯科医院向けには専門企業との提携により人材紹介や税務・労務相談を支援できるように準備を進めています。
ガイドデントは、歯科医院向けのサービスについては5年後に1000医院の獲得、患者向けのサービスは、5年後には50,000人の歯科治療をサポートすることを目標としています。


■株式会社ガイドデント http://www.guidedent.co.jp
東証マザーズに上場の日本メディカルネットコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:平川 大、URL: http://www.japan-medic.com/ )の100%子会社。インプラント保証の専門事業者として90以上の審査項目から構成されるスコアリングシステムにより評価し、一定水準以上のインプラント治療を遂行する能力を有する歯科医院を「ガイドデント認定歯科医院」とし、認定医院を通して該当患者に「インプラント10年保証書」を交付。現在約400の歯科医院を認定、約1万人に「インプラント10年保証」を提供。

・社名   :株式会社ガイドデント
・本社所在地:〒151-0072 東京都渋谷区幡ヶ谷1-34-14 宝ビル3階
・設立   :2011年8月
・資本金  :25,000,000円
・代表者  :代表取締役社長 石井 貴久(いしい・たかひさ)
・事業内容 :医療における保証業務全般、マーケティングリサーチ業
       医療、健康分野におけるコンサルティング業務、
       インターネット情報提供サービス業
・株主構成 :日本メディカルネットコミュニケーションズ株式会社
       (東証マザーズ上場、東証一部上場のエムスリーグループ)

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング