日経BPコンサルティング調べ ―「大学ブランド・イメージ調査 2012-2013」【首都圏編】より― 東京大学が、首都圏の主要大学120校の中で「大学ブランド力」第1位 「地域産業に貢献している」埼玉大学、「グローバル/国際交流が活発」上智大学

@Press / 2012年11月21日 9時30分

首都圏編 表1
 日経BPコンサルティング(東京都港区)は、今年で6年目になる「大学ブランド・イメージ調査 2012-2013」の結果をまとめ、11月21日に調査結果報告書を発行・発売する。全国の468大学を9つの地域に分割し、それぞれの地域で調査を実施。「認知度/認知経路」「入学推薦度」「採用意向度」「49項目のブランド・イメージ」など、様々な角度から有職者、中学生以上の子供を持つ父母、教育関連従事者が評価した。本リリースでは、【首都圏編】の結果について紹介する。


◆首都圏編では、東京大学、早稲田大学、慶應義塾大学が「大学ブランド力」ランキングのトップ3に。
◆「地域産業に貢献している」埼玉大学、「グローバル/国際交流が活発」上智大学など、「らしさ」が大学ブランド力として評価につながる結果に。


●有職者(ビジネスパースン)からみた「大学ブランド力」:
 東京工業大学が前年第9位から第6位に

 首都圏編の「大学ブランド力」(大学の魅力度などブランド力の総合点を示すスコア)ランキング第1位は、92.6ポイントを獲得した東京大学(表1)。第2位は早稲田大学(87.2ポイント)、第3位は慶應義塾大学(86.0ポイント)が続いた。
 120校の大学ブランドスコアの分布をみると、第18位の日本大学から、第42位の首都大学東京までが50ポイント台に入り大激戦となった。それ以降の78の大学は40ポイント台に留まっており、平均以下の各校は魅力をまだ十分に伝えきれていないと思われる結果になっている。東京工業大学は、「高い専門性、専門知識を有する」や、「勉強、研究に熱心である」などの評価が上がり、前回の第9位から第6位に上昇した。
 トップ10をみると、国立大学が5校(東京大学、一橋大学、東京工業大学、お茶の水女子大学、東京外国語大学)、私立大学が5校(早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、明治大学、青山学院大学)ランクインしている。


●教育関連従事者評価:
 「地域産業に貢献している」埼玉大学、
 「グローバル/国際交流が活発」上智大学

 本調査では、学校に勤務する教員・職員など教育関連従事者にもブランド評価を依頼している。その結果から、各ブランド・イメージ項目第1位になった大学をみると、その大学の特徴や「らしさ」が、どの程度浸透しているかがうかがえる(表2)。
 本年の調査では、「地域産業に貢献している」「地域社会・文化に貢献している」は両項目とも埼玉大学が、「グローバルである/国際交流が活発である」「留学生の受け入れが活発である」「語学に長けている」の国際性の高さを測る項目は上智大学が第1位になった。また、「在学中の資格取得に積極的である」は中央大学、「キャンパスのデジタル化が進んでいる」は工学院大学など、各大学の特徴が明らかになっている。
 今回、大学の認知経路についても尋ねているが、「大学ブランド力」上位となった東京大学や明治大学をはじめとして、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)からの認知が少しずつ増えている。こういった新しいメディアをいち早く取り入れ活用する例も増えており、今後の広報のあり方に変化が生まれていることも垣間見られる。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング