「アバターが語る」デジタルサイネージ向けコンテンツ作成機能「PIP-Maker for デジサイン」をデジサイン全シリーズに展開 大型ディスプレイからタブレット端末まであらゆる活用シーンでの利用を促進

@Press / 2012年12月10日 15時0分

対応プレイヤー 一覧
デジタルサイネージメーカのサイバーステーション株式会社(本社:石川県金沢市、代表取締役社長:福永 泰男、以下 当社)は、2009年3月より販売しているクラウド型デジタルサイネージシステム(商品名:デジサイン、以下 デジサイン)の全シリーズにコンテンツ作成機能「PIP-Maker forデジサイン(以下 PIP-Maker)」の対応をおこない、提供開始することをお知らせいたします。
サービスの開始は、本日12月10日からとなっております。


【背景と概要】
2011年3月8日よりサービス提供を開始している「ハルヱとケイジdeデジサイン」に機能追加した「PIP-Maker」は、株式会社4COLORS(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:加山 緑郎)の提供する製品 番組画像作成システムをベースに共同開発したもので、Microsoft PowerPointで作成したプレゼンテーションファイルを素材として、アバターモデルと音声合成技術の組み合わせにより、撮影・録音不要で動画コンテンツが作成可能な機能です。

作成したコンテンツは、テレビショッピングのように商品やサービスの説明を解説するような動画素材に匹敵する表現力の高いもので、これをデジタルサイネージを組み合わせることで訴求力の高いデジタルサイネージ向けコンテンツを短時間、低コストで利用できるようになりました。

これまでは「ハルヱとケイジdeデジサイン(デジサインTVシリーズ)」のみの対応でしたが、ディスプレイのメーカーや型式を問わない「デジサインSTBシリーズ」や、タブレット端末向けの「デジサインTabシリーズ」への対応を求めるお客様からの声が多く、このたびこの2シリーズにも対応することで全シリーズでの提供が可能となりました。

デジタルサイネージは店舗やオフィスなど、さまざまなロケーションで利活用が進みマルチスクリーン対応は年々需要が拡大しています。これに準じてマルチスクリーンに対応したコンテンツ作成支援、コンテンツマネジメント環境は国内のデジタルサイネージ普及に今後、大きく貢献できるものと考えています。


【PIP-Maker for デジサインの概要】
以下のサンプルムービーをご参照願います。
アバターモデルがわかりやすく本サービスのご紹介をいたします。
http://digisign.jp/pipmaker.html


【本サービスの強化ポイント】
(1)デジサイン全シリーズに対応
対応プレイヤー 一覧: http://www.atpress.ne.jp/releases/31654/1_1.jpg

@Press

トピックスRSS

ランキング