私有スマートフォンやフィーチャーフォンの業務利用を推進するBYOD向け電話サービス「050 plus W-mode」の提供開始について

@Press / 2012年11月21日 11時0分

料金イメージ
 NTTコミュニケーションズ(略称:NTT Com)は、スマートフォンで利用できる企業向け050IP電話サービス「050 plus for Biz」において、私有の携帯電話を業務に活用するBYOD(Bring Your Own Device)に最適な「W-modeオプション」(略称:050 plus W-mode)を、2012年11月21日より提供開始します。
 本サービスでは、スマートフォンやフィーチャーフォン(*)などの端末種別を問わず、ビジネス通話料金とプライベート通話料金の公私分計が可能で、ビジネス通話を発信する際に050番号を相手に通知するため、通話料金精算処理の簡素化に加え、社員のプライバシーにも配慮したBYOD導入を実現できます。

(*) スマートフォン以外で、通話機能を主体とした従来型携帯電話端末。


1. 背景
 現在、多くの企業においてBYODを活用したコスト削減や生産性向上、ワークスタイルの変革のニーズが高まっています。一方、私有の携帯電話を業務で利用する場合、ビジネス通話料金の精算処理が煩雑になり、また、私有携帯の電話番号がビジネス通話の相手に通知されるといった課題があります。
 NTT Comでは、このような課題を解決するため、「050 plus for Biz」の機能を拡充した新たなBYODソリューションを提供します。


2. サービスの特長
(1) スマートフォン・フィーチャーフォンなどの端末種別を問わず、通話料金の公私分計が可能
 「050 plus W-mode」は、スマートフォンでもフィーチャーフォンでも携帯電話料金の公私分計ができるため、社員の私有携帯端末の種別を問わずBYODを導入することができます。スマートフォンで利用する場合は、アプリを使って簡単にビジネス通話に切り替わり、フィーチャーフォンで利用する場合は、通話相手先の電話番号に「003543」を付けてダイヤルするだけで、簡単にビジネス通話を発信できます。これらのビジネス通話料金は、まとめて会社に請求されます。

(2) 通話相手に050番号を通知することで、社員のプライバシーに配慮
 私有携帯電話からビジネス通話を発信する際に、私有携帯の電話番号ではなく、ビジネス用の050で始まるIP電話番号を発信者番号として通知することができます。

(3) スマートフォンでは、利用シーンに応じて「IP電話モード」と「携帯電話モード」を選択可能
 スマートフォンからビジネス通話を発信する場合、利用シーンや電波状況に応じて、通話料金が安い「IP電話モード」と通話品質が高い「携帯電話モード」を選択できます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング