待望の新ホワイト&メタリックシルバーインクの登場で「SOLJET PRO4 XR-640」がさらにパワーアップ

@Press / 2012年11月27日 11時0分

サンプル写真1
ローランド ディー.ジー.株式会社(本社:静岡県浜松市/取締役社長:冨岡 昌弘、以下 当社)は、低溶剤系大判インクジェットプリンター「SOLJET PRO4(ソルジェットプロフォー) XR-640(以下 XR-640)」に対応した新開発のインク「ECO-SOL MAX2(エコソルマックスツー)」の新色となるホワイトおよびメタリックシルバーの出荷を開始いたします。これにより、「XR-640」の色表現をフル活用した付加価値の高いウィンドウグラフィックやカーラッピング、大判ポスター、ステッカーの制作など、幅広い用途にご利用いただけます。

「XR-640」は、今年9月に発売した、当社のフラグシップモデルとなる新製品の低溶剤系大判インクジェットプリンターです。「XR-640」に新開発のホワイトおよびメタリックシルバーインクを搭載することによって、同インクを用いた出力スピードは、従来機(*1)に比べ約2倍の優れた生産性を実現しました。従来機の「高品質モード」によるプリント品質と同等レベルの出力を、「XR-640」では出力スピードの速い「標準モード」で行うことができますので、生産効率が飛躍的に向上します。

新しくなったホワイトインクは濃度が大幅に向上しており、特に透明フィルムを使ったアイテムの制作に力を発揮します。例えば、自動車や自転車などに貼るステッカーを制作する場合には、ボディの色が透過してステッカーの色に影響しないように、隠蔽性の高いホワイトインクで下地印刷を施した上にフルカラー印刷を行うことで、狙い通りの色に仕上げることができます。また、メタリックシルバーインクは、従来より顔料粒子の平滑度が向上したことで、光沢度がアップしました(*2)。今まで以上にきらびやかで付加価値の高いアプリケーションを生み出します。

さらに、「XR-640」は、ホワイトおよびメタリックシルバーインクの色材成分の沈殿を防ぎ、インクの濃度を一定に保つ「インク循環システム」を一新。より効果的にインクを攪拌(かくはん)して安定した出力品質を保つことに加え、メンテナンスに必要な廃液の量を従来機(*1)と比べ約50%削減しておりますので、ランニングコストの低減に大きく貢献します。

*1. SOLJET PRO III XC-540MT
*2. メタリックシルバーインクの光沢度は当社純正メディアの測定結果です。ご使用されるメディアによって光沢度は異なります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング