【オールアバウト、米国食肉輸出連合会共同】「お肉」に関する意識調査を実施 ~普段よく食べる肉 2人に1人が「豚肉」と回答~ ~パーティーで作りたい豚肉料理は「角煮」と「ローストポーク」~

@Press / 2012年11月26日 15時30分

グラフ1
 総合情報サイト「All About」を運営する株式会社オールアバウト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:江幡 哲也)と、米国の畜産および食肉製品を国際的に広げるために米国の食肉関連企業および団体が設立した米国食肉輸出連合会(日本事務所:東京都港区、代表者:ジョエル・ハガード)は、普段食べる肉及びパーティーシーンでの肉料理に関する意識調査を共同で実施いたしました。調査対象者は、オールアバウトの主婦向けウェブサービス「暮らしのAll About」の女性ユーザ計1,321名です。

※なお、今回の調査結果の一部は、「暮らしのAll About」内の「暮らしの得ネタランキング」コーナーの中でも紹介しています。( http://allabout.co.jp/gm/gc/401590/ )


【調査結果のポイント】
1)女性の2人に1人が、普段から「豚肉」をよく食べると回答、理由は「調理しやすい」、「価格が手頃」
普段よく食べる肉は「豚肉」(56.6%)が1位。2位は「鶏肉」(34.8%)。豚肉をよく食べる理由は「調理しやすい」(26.6%)、「価格が手頃」(25.9%)

2)普段よく作る豚肉料理は「しょうが焼き」、パーティーで作りたい豚肉料理は「角煮」や「ローストポーク」
普段よく作る豚肉料理は「しょうが焼き」(59.6%)で2位の「とんかつ」(10.7%)を大きく引き離す結果に。一方、パーティーで作りたい豚肉料理は「角煮」(34.4%)の他に「ローストポーク」(24.0%)が上位に

3)“おもてなし肉料理”、悩みは「レパートリーの少なさ」と「調理時間」
年末年始に増えるパーティーシーン。おもてなし用に肉料理を作る際の悩みとして挙げられたのは「レパートリーが少ない」(24.1%)、「調理に時間がかかる」(21.1%)


1) 女性の2人に1人が普段から「豚肉」をよく食べると回答
 理由は、「調理しやすい」、「価格が手頃」が上位に
普段よく食べる肉について聞いたところ、1位は「豚肉」(56.6%)であることがわかりました(グラフ1)。さらに、豚肉をよく食べると回答した人にその理由について聞いたところ、「調理しやすいから」(26.6%)、「価格が手頃だから」(25.9%)といった項目が挙げられていました(グラフ2)。

グラフ1:普段からよく食べるお肉
http://www.atpress.ne.jp/releases/31759/1_1.gif

@Press

トピックスRSS

ランキング