<睡眠と出張に関する調査> 8割が睡眠不足に悩む現代ビジネスマンの意外な味方は出張 ― ビジネスホテル選びのポイント1位は「眠る環境」 ―

@Press / 2012年11月27日 14時0分

[グラフ1]
快眠を重視したサービスを実施する宿泊特化型ホテルブランド「コンフォートホテル」を展開する、株式会社チョイスホテルズジャパン(本社:東京都中央区、代表取締役社長:村木 敏雄)では、20~40代の男性ビジネスマンを対象に、「睡眠と出張に関する調査」を実施いたしました。

本調査から、睡眠不足に悩まされながら働くビジネスマンの実態や、ビジネスマンの半数以上が睡眠時間を確保しやすいという出張時の様子が明らかになりました。


【調査概要】
調査対象:20~40代の男性500名(3ヶ月以内に出張した会社員)
調査期間:2012年10月6日(土)~10月9日(火)
調査方法:インターネット調査


■ビジネスマンの8割が睡眠不足を実感 睡眠に払える金額は「1時間あたり2,577円」
まず、「睡眠時間を十分に確保できていますか?」という質問に対して「確保できている」と答えたのは、わずか22%。ビジネスマンの8割は、睡眠時間が不足していると感じていることがわかりました。[グラフ1]
さらに、睡眠不足の理由を尋ねたところ、7割超の人が挙げたのが、「仕事が忙しいため」(73.4%)。ビジネスマンの多くが、睡眠不足に悩みながら仕事をしている実情が明らかになりました。

その他に多く挙がった理由は以下の通りです。
・「趣味に費やす時間を優先してしまうため」(33%)
・「寝つきが悪いため」(23%)
・「枕が合っていないため」(14%)

そこで、睡眠不足のビジネスマンに、「お金を払ってでも睡眠時間を買いたいと思いますか?」と聞いたところ、半数以上の55%の人が「買いたい」と回答しました。また、その金額について聞くと、平均金額は「1時間あたり2,577円」にのぼりました。
今回の調査にご協力いただいたビジネスマンの平均月給は「37万1千円」。月20日出勤・1日8時間労働で換算すると、その時給額は「2,319円」です。睡眠不足のビジネスマンは、自分の給料と同額以上の金額を払ってでも、睡眠時間を買いたいと考えていることが明らかになりました。


■出張はビジネスマンの意外な味方 6割超が「出張の方が眠れる」
次に、出張時の睡眠について聞きました。「出張時と普段の仕事のある時を比べて、どちらが睡眠時間を確保しやすいですか?」という問いに対して、61%の人が「出張時」という回答でした。[グラフ2]

また、「出張時の睡眠の様子」について、自由回答で聞いたところ、出張時の方が睡眠時間を確保しやすい理由が明らかになりました。
・「比較的早く仕事を切り上げることができるので、睡眠時間を取りやすい」(岐阜県・41歳)
・「普段は県外通勤をしているため寝不足になりやすいが、出張時には朝がゆっくりめで、睡眠時間を確保しやすい。」(広島県・47歳)
・「出張時には家族サービスが無いので、睡眠時間をしっかり確保できる。」(埼玉県・45歳)

@Press

トピックスRSS

ランキング