1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

リンツ ショコラ カフェのニューイヤー・スペシャルイベント 新年のお菓子ガレット・デ・ロワとお楽しみチョコレートの福袋を提供 ニューイヤーのチョコレートギフトコレクションも登場

@Press / 2012年11月27日 11時0分

ガレット・デ・ロワ ショコラ・オランジュ
1845年創業、世界100カ国以上で愛されているスイスの歴史あるプレミアムチョコレートブランドLindt(リンツ)の日本法人リンツ&シュプルングリージャパン株式会社(代表:アンドレ・ツィメルマン、本社:東京都中央区銀座)は、ニューイヤー・スペシャルイベントとして、リンツ ショコラ カフェで新年のお菓子ガレット・デ・ロワを提供、また年始には、チョコレートの福袋とニューイヤーギフトコレクションの販売を行うことをご案内申し上げます。


■リンツ ガレット・デ・ロワ ショコラ・オランジュ
新年のお菓子としてそのイベント性が楽しく、日本でも提供する菓子店が増えているガレット・デ・ロワ。
もともとはフランスの公現節(エピファニー)の祭事の伝統菓子ですが、お菓子の中に1つだけ入れられたフェーヴ(そら豆、現在では陶製の人形)が当たった人は、その日一日、王冠をかぶって王様(王女様)になり、幸運に恵まれるという、そのユニークな楽しみ方と縁起の良さゆえ、愛好者の多いお菓子です。
リンツでは、昨年からこのガレット・デ・ロワを提供していますが、今年のガレット・デ・ロワは、カカオの香り豊かなチョコレートと、チョコレートと相性の良いオレンジとの贅沢な組み合わせ。
バターをふんだんに使ったチョコレート風味のサクサクのパイ生地、中には濃厚なカカオの香りのダークチョコレートのガナッシュとオレンジ風味のアーモンドクリームがはさまれています。オレンジピールのデコレーションがほどこされ、幸運のフェーヴにはローストマカダミアナッツを使用しています。
リンツ ショコラ カフェ 銀座店では、イートインでガレット・デ・ロワをご注文されたお客様には、ご自身でご希望の1ピースを選んでいただき、お召し上がりになってローストマカダミアナッツが入っていた場合、スタッフが王冠を載せて祝福、チョコレートのプレゼントを差し上げる楽しいサービスをご提供させていただきます。

<商品概要>
商品名 :リンツ ガレット・デ・ロワ ショコラ・オランジュ
価格  :1ピース 600円、ホール 3,600円(税込)
提供期間:2013年1月2日~1月20日

「リンツ ガレット・デ・ロワ・ショコラ ショコラ・オランジュ」は、テイクアウトでお求めいただくこともできます


■リンツ・チョコレート福袋
リンツ ショコラ カフェ全店では、年始より「リンツ・チョコレートの福袋」を販売します。リンツ ショコラ カフェ直営店限定のトリュフや様々な種類のタブレットチョコレート、人気のリンドールも入った、大変お得な福袋です。
ご家庭で、また、オフィスの皆様で分けて、たくさんの種類のリンツ・チョコレートを食べくらべてみることのできるまたとないチャンスです。リンツのロゴ入り保冷バッグに入れて販売します。
また、11月1日にオープンしたリンツ・チョコレートオンラインショップ( http://lindt-shop.jp )では、12月1日より20日まで予約販売を行います。

<商品概要>
商品名 :リンツ・チョコレート福袋
価格  :3,000円 または 5,000円(税込)
提供期間:2013年1月2日~4日

先着順、なくなり次第売り切れとさせていただきます。


■リンツ・チョコレート ニューイヤーギフトコレクション
年始のご挨拶などに最適なチョコレートギフトです。

・リンツチョコレートコレクション 2,000円(税込)
リンツの人気チョコレート3種(ミニリンツベア3個、リンドール5種6個、ナポリタン6種12個)のアソートチョコレート

・リンドール ミルク缶 2,500円(税込)
リンツの一番人気のチョコレート、リンドールミルクが250g入ったスイスらしいミルク缶の形のパッケージ


■リンツ ショコラ カフェ店舗一覧と年末年始の営業時間
●銀座店 東京都中央区銀座7-6-12
TEL      :03-5537-3777
席数     :全38席
年末年始の営業:12月29日 11時~19時
        12月30・31日、1月1日休業
        1月2日~4日 11時~19時
        1月5日より通常営業

●表参道店 東京都港区北青山3-5-22
TEL      :03-3423-2200
席数     :全19席
年末年始の営業:12月29日 10時~19時
        12月30・31日、1月1日休業
        1月2日~4日 11時~19時
        1月5日より通常営業

●自由が丘店 東京都目黒区自由が丘2-9-2
TEL      :03-5726-8921
席数     :全65席
年末年始の営業:12月29・30日 9時~19時
        12月31日、1月1・2日休業
        1月3・4日 11時~19時
        1月5日より通常営業

●吉祥寺店 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-13-14
TEL      :0422-27-1906
席数     :全54席
年末年始の営業:12月31日 9時~18時
        1月1日休業
        1月2日~4日 11時~19時
        1月5日より通常営業

●渋谷店 東京都渋谷区渋谷1-25-6
TEL      :03-6427-2793
席数     :全42席
年末年始の営業:12月29・30日 11時~23時
        12月31日 11時~18時
        1月1日休業
        1月2日~4日 11時~19時
        1月5日より通常営業

●ルミネ北千住店 東京都足立区千住旭町42-2
TEL      :03-6806-2772
席数     :全8席
年末年始の営業:12月31日 10時~18時
        1月1日休業
        1月2日より通常営業


■Lindtとは…
Lindt(リンツ)は、スイスで1845年に創業、現在では世界100カ国以上で愛されているプレミアムチョコレートブランドです。ブランド名となっているリンツは、今ではあたりまえとなっているチョコレートのなめらかな口どけを初めて可能にした「コンチング・マシン」を発明、スイスをチョコレート立国たらしめた、ロドルフ・リンツ氏の名に由来します。
リンツ&シュプルングリー社の創設者、ダーフィート・シュプルングリー氏はチューリッヒの小さなパティスリーのパティシエを経て、1836年にその店のオーナーとなり、1845年に自家製チョコレートの製造を開始しました。
1899年にリンツとシュプルングリーは合併することになり、チョコレートの製造においてすでに高い評価を得ていたシュプルングリーと、「コンチング・マシン」を発明、チョコレート界に革新をもたらしたリンツが手を携えて、その卓越した技術で最高の品質のチョコレートが生み出されるようになりました。
以来、160年以上の時を経て、そのチョコレート作りへの情熱は、リンツのメートルショコラティエ(チョコレート職人)たちによって受け継がれ、カカオ豆の仕入れから最終製品までの工程をすべて自社で一貫して生産することにより、常に高品質で、香り高く、口どけの良いチョコレートで、今も世界中のチョコレートファンを楽しませ続けています。


▼リンツ ジャパンサイト
http://www.lindt.jp/
▼公式ブログ
http://blog.lindt.jp/
▼公式Twitterアカウント
http://www.twitter.com/LindtJapan
▼公式Facebookページ
http://www.facebook.com/LindtJapan
▼リンツ・チョコレート オンラインショップ
http://www.lindt-shop.jp

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

リンツチョコレートコレクション(ミニリンツベア) リンドール ミルク缶 リンツ・チョコレート福袋

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング