モバイル端末のセキュリティリスクを把握・対策できるリモート管理機能搭載モバイルデバイス管理サービス「LanScope An(ランスコープ・アン)」をバージョンアップ

@Press / 2012年11月28日 13時0分

リモート管理画面
エムオーテックス株式会社(本社:大阪市淀川区、代表取締役:河之口 達也、以下 MOTEX)は、モバイルデバイスの操作をログ化し管理できるクラウドサービス「LanScope An」の最新バージョンをリリースします。最新バージョンでは、モバイル端末のセキュリティリスクを把握、遠隔でのロック・データ初期化が行える「リモート管理」機能を搭載。2012年11月29日より提供を開始します。


昨今、企業においては、スマートフォンやタブレットといったモバイル端末のビジネス利用が拡大しています。携帯性・即効性を活かし、いつでもどこでも情報を取得・活用できる効果が期待される反面、懸念点としてセキュリティや導入後の使用状況が見えづらい点が多く挙げられます。

そこで、「LanScope An」はモバイル端末のアプリ利用、電話利用、Webアクセスの各種操作ログの管理、インストールアプリや設定変更、端末の稼働実績といった資産情報管理など、従来の機能に加え、モバイル端末のセキュリティリスクをアラートとして把握、必要な対策を判断・実行できる「リモート管理」機能を開発完了し、「LanScope An」の最新バージョンに搭載することを決定しました。これによって、日頃からモバイル端末をセキュアに保ち、万が一の紛失・盗難にも直前の位置情報や操作ログから、必要に応じて遠隔でのロック・データ初期化を実行することで企業の資産を守ります。

「LanScope An」の全機能を60日間お試しいただける無料評価版のお申し込みをWebサイトより受け付けています。ぜひ、スマートフォン・タブレットの導入を検討されているお客様も、自社での利用ルール作成、費用対効果の検討にお役立てください。


■「LanScope An」Webサイト
「LanScope An」製品情報・無料評価版のお申し込みを受け付けています。
http://www.motex.co.jp/an


■「LanScope An」最新バージョンの特長
1. 警告端末レポート
操作ログ・行動ログ・資産情報から問題行為をアラートとして表示。モバイル端末のセキュリティ状態を「危険」「注意」「安全」の3段階に分類・レポーティングし、セキュリティリスクのある端末を一目で把握できます。

2. リモート実行
モバイル端末のパスワードロック、データ初期化(工場出荷状態に戻す)を遠隔で実行できます。リモート実行前にモバイル端末の位置情報や操作ログ、資産情報から必要な対策を判断できます。

@Press

トピックスRSS

ランキング