1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

「Bizホスティング Cloud(n) PaaS」の提供開始について

@Press / 2012年12月3日 11時30分

「Bizホスティング Cloud(n) PaaS」の利用イメージ
 NTTコミュニケーションズ(略称:NTT Com)は、オープンソースのPaaS(*1)基盤ソフトウェア「Cloud Foundry(*2)」を採用した「Bizホスティング Cloud(n) PaaS」を、2012年12月3日より企業のお客さまを対象に提供開始します。本サービスは、お客さまがアプリケーションを開発・運用する環境を、ネットワーク、OS、データベースなどのミドルウェアを用意することなく、必要に応じて利用することができるサービスです。個人のお客さま向けを含む本格提供は、2013年3月末に開始する予定です。なお、株式会社NTTデータイントラマートにて、本サービスをすでに導入いただいております。


1.サービスの特長
(1) 手間いらずのアプリケーション開発・運用環境
 ネットワークやOS、データベースなどのミドルウェアをクラウドサービスとして提供します。それらの設定の自動化や、ログ管理機能によって、お客さまは、手間をかけずに柔軟にアプリケーション開発・運用環境を利用することができます。

(2) コストを最適化する従量制の料金体系
 アプリケーション開発・運用環境を構築するための初期投資が不要です。また、運用開始後に、スケールアウト(*3)、スケールアップ(*4)が簡単にできるため、サービスの開始時にサイジング(*5)が必要ありません。そのため、スモールスタートでサービスを開始でき、コスト削減が可能です。

(3) Cloud Foundryの採用
 オープンソースのPaaS基盤ソフトウェア「Cloud Foundry(*2)」を採用。他のPaaSとの互換性が高く、ベンダーロックインを心配することなくサービスの開発・提供が可能です。

(4) Biz ホスティング Cloud(n)各種サービスとの連携
 「Bizホスティング Cloud(n) PaaS」は、「BizホスティングCloud(n)」で提供している仮想サーバーやObject Storage、また今後提供予定のRelational Databaseなどの各種サービスと同一のデータセンター内で提供されるか、NTT Comの高速ネットワークで接続されており、快適に利用可能です。

<「Bizホスティング Cloud(n) PaaS」の利用イメージ>
http://www.atpress.ne.jp/releases/31911/1_1.jpg


2.サービス機能
2012年12月3日より提供する機能は、以下のとおりです。

(1) アプリケーション開発・実行環境
 Ruby、Java、PHPなどによるアプリケーションの開発・実行環境を提供します。アプリケーションのスケールアウトやスケールアップも可能です。(別紙1)

(別紙1参照: http://www.atpress.ne.jp/releases/31911/1_5.pdf )

(2) ビルトインデータベース
 開発用途として MySQL、PostgreSQLを提供します。(別紙2)

(別紙2参照: http://www.atpress.ne.jp/releases/31911/2_6.pdf )

(3) ログ管理
 アクセスログ、及びお客さまが実行するアプリケーションが出力するログをコントロールパネルやAPIを通じて検索/取得することができます。また、ログを指定したキーワードで監視することも可能です。

(4) API / 開発ツール
 Cloud Foundryの各種API、及びログ管理のためのAPIを提供します。APIは各種ツール(VMC等)で利用可能です。

(5) コントロールパネル
 Webブラウザにより、システム状態の確認、ログの閲覧や検索等が可能です。(別紙3)

(別紙3参照: http://www.atpress.ne.jp/releases/31911/c_7.pdf )


3.利用料金
 企業向けのご利用料金については、個別にお問い合わせください。


4.提供範囲
 日本データセンター内で提供します。


5.提供開始日
 2012年12月3日(月)


6.お問い合わせ方法
 以下のサイトよりお問い合わせください。
http://www.ntt.com/cloudn/


7.今後のサービス展開
 「Bizホスティング Cloud(n) PaaS」は、2013年3月末にオンライン申し込みでの本格提供を開始するにあたり、開発言語や対応DBの拡充など、幾つかの機能を追加する予定です。また、他社サービスとの連携として、株式会社NTTデータのクラウドサービス、BizXaaS(*6)との連携も予定しています。
 今後、「Bizホスティング Cloud(n)」は、PaaSの他にもRelational DatabaseやDNS、仮想サーバーのプロビジョニングやモニタリングなどのサービスを順次追加し、個人から企業まで幅広い層のお客さまにご利用いただけるようサービスラインアップを充実させてまいります。


※サービス名について
 テキスト表記の場合、サービス名はCloud(n)となっておりますが、
 正式なサービス名は、Cloudのn乗という表記で、nは上付きとなります。
 下記のニュースリリースサイト、サービスサイトをご参照ください。
http://www.ntt.com/release/monthNEWS/detail/20121203_2.html
http://www.ntt.com/cloudn/data/paas.html


*1 PaaS:Platform as a Serviceの略。アプリケーションが稼動するためのネットワーク、OS、ミドルウェアなどの基盤(プラットフォーム)一式をサービスとして提供します。
*2 Cloud Foundry:VMware社が提供するオープンソースのPaaS基盤ソフトウェア。JavaやRubyなどのマルチ言語、MySQLやPotgreSQLなどのマルチデータベースに対応。調査会社の米Evans Dataが2011年11月16日に発表した「ユーザ満足度調査」でソフトウェア開発者からの「トップクラウドプラットフォーム」の評価を獲得しています。NTT ComはCloud Foundryの開発プロジェクトに貢献しています。
*3 スケールアウト:システムにノードを追加することで性能の向上を図る手法で、「Bizホスティング Cloud(n) PaaS」の場合、アプリケーションインスタンスの数を増加させることで実現しています。
*4 スケールアップ:システムの既存のノードにリソースを追加することで性能の向上を図る手法で、「Bizホスティング Cloud(n) PaaS」の場合、アプリケーションを実行するインスタンスのメモリ容量を増やすことで実現しています。
*5 サイジング:システムやその構成要素について、将来的に必要とされる規模や性能を予め見極めること、また状況に応じて適切に再見積を行うこと。
*6 BizXaaS:NTTデータのクラウドサービスのブランド名称
  http://www.ps.nttdcloud.jp/

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング