「英語学習者のSNS関連サイト利用実態調査」結果発表 英語学習に関心が高いほど、SNS関連サイト利用割合も増加

@Press / 2012年12月3日 9時30分

SNS関連サイト利用割合(総合)
日本で初めてSkype(スカイプ)を使ったオンライン英会話サービスを開始し、YouTubeの公式パートナーとして、100万視聴を超える人気の語学学習チャンネルを運営する株式会社イーコミュニケーション(本社:東京都新宿区、代表:成田 勝行)は、ポータルサイトgoo会員を対象に、「英語学習者のSNS関連サイト利用実態」調査を行い集計しました。


■調査対象者および目的
パソコンインターネットユーザー男女624名(20代から60代)を、以下の3つのグループに分けて調査。
英語学習無関心層(274名)、英語学習興味あり層(350名)、英語学習積極層(70名)
※英語学習興味あり層と、英語学習積極層については重複あり。

<定義>
○英語学習無関心層:
あなたは今、語学の上達に関心がある、または語学の勉強をしたいと思っていますか?(現在、勉強中の人も含む)に、Noと答えた人

○英語学習興味あり層:
あなたは今、語学の上達に関心がある、または語学の勉強をしたいと思っていますか?(現在、勉強中の人も含む)にYesと答えた人

○英語学習積極層:
あなたは今、語学を勉強しないといけない環境にありますか?(仕事で必要、留学準備中で必要、授業で必要など含む)にYesと答えた人


■調査票項目
「よく利用するSNS関連サイトはどれですか。(複数選択可)」
選択肢:Facebook、Twitter、Google+、YouTube、mixi、GREE、Mobage、その他、利用はしていない、分からない


■調査結果
A.SNS関連サイトを利用する割合は、英語学習の関心度が高いほど多い。とりわけ女性はその傾向が顕著。

○SNS関連サイト利用割合
:英語学習無関心層(53.6%)、英語学習興味あり層(64.9%)、英語学習積極層(74.3%)
http://www.atpress.ne.jp/releases/31926/1_1.png

○男性のSNS関連サイト利用割合
:英語学習無関心層(58.2%)、英語学習興味あり層(63.6%)、英語学習積極層(64.9%)
http://www.atpress.ne.jp/releases/31926/2_2.png

○女性のSNS関連サイト利用割合
:英語学習無関心層(48.9%)、英語学習興味あり層(66.1%)、英語学習積極層(84.8%)
http://www.atpress.ne.jp/releases/31926/3_3.png

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング