「Cloudian」のパートナー企業にCTCが新たに参加 S3互換クラウドストレージ製品「Cloudian」のパートナー企業が9社に

@Press / 2012年12月4日 11時30分

本日、クラウディアン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:太田 洋、以下 クラウディアン)は、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:菊地 哲、略称:CTC)がS3互換クラウドストレージ製品、「Cloudian(R)」の販売と技術サポートを提供するCloudianパートナーに参加し、Cloudianパートナーが9社になったことをお知らせいたします。

CTCは、すでに「Cloudian」の技術サポートを提供するCCE(Cloudian Certified Engineer)資格者を15名有しており、プライベートクラウドやエンタープライズ向けソリューションのクラウド・オブジェクトストレージとして「Cloudian」を販売し、技術サポートを提供します。

CTCの情報通信事業企画室 丸田 淳一室長は「Cloudian」のパートナーになったことについて次のように話しています。

「CTCではクラウド時代に適したクラウディアンの提唱するS3エコシステムの重要性を強く感じております。CTCには以前よりストレージシステムのスキルに長けたエキスパートが数多くおり、CCE資格取得者も既に15名おりますので、お客様のニーズに合わせたストレージシステムの提供及び「Cloudian」の販売を推進してまいります。」


「Cloudian」は、ニフティの「ニフティクラウドストレージ」、NTTコミュニケーションズの「Bizホスティング Cloudn(クラウド・エヌ) Object Storage」をはじめ国内外の商用クラウドサービスにおける採用実績がありますが、クラウドサービス事業者だけではなく、プライベートクラウド、企業等において使用できる実用性を備えています。

Cloudianはパッケージソフトウェア製品であり、複数の汎用サーバーをハードウェアに利用しながら、ペタバイト規模のビッグデータを格納する、拡張性、弾力性、信頼性、経済性を備えたクラウド・オブジェクトストレージを構築します。自社施設やデータセンターでデータを安全に管理したい、若しくは「Cloudian」採用のパブリッククラウドと相互バックアップするハイブリッドクラウドを構築したいといったニーズにお応えすることができます。複数サーバーにデータを自動複製することでサーバー障害の際にもデータ消失を防ぎ、複数データセンターに分散、複製できるためDRといった観点からも最適です。また、統計、課金、管理、監視等の機能もパッケージ化されているため短期間でのサービス導入が可能です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング