ケアネットが提供する医学を楽しくする動画サイト『医楽座』 配信プラットフォーム「Brightcove Video Cloud」で実現

@Press / 2012年12月4日 14時0分

ブライトコーブ プロサービスを利用した『医楽座』サイト内動画プレーヤ
ブライトコーブ株式会社(所在地:東京都渋谷区、CEO兼代表取締役社長:橋本 久茂、以下 ブライトコーブ)は、株式会社ケアネット(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:大野 元泰、以下 ケアネット)が運営するウェブサイト『医楽座』にてオンライン動画配信プラットフォーム「Brightcove Video Cloud」(以下 「Video Cloud」)が採用されましたことをお知らせいたします。

『医楽座』URL: http://irakuza.carenet.com/


医療者向けに医療コンテンツサービスや製薬企業向けに医薬営業支援サービスを提供するケアネットは、昨年、新たな医療者向け教育サービスとして『医楽座』を立ち上げました。650本以上の医学動画が収載され、短時間で、楽しく、効率よく学習できる動画配信サービスです。この動画コンテンツの管理および配信を担うプラットフォームとして「Video Cloud」が活用されています。


《ブライトコーブのプロフェッショナル サービスによる開発》
『医楽座』で使用されている「Video Cloud」動画プレーヤでは、通常の再生に加えて、1.7倍速での再生が可能となっています。この機能は、ケアネットからの依頼によりブライトコーブのプロフェッショナル サービスが開発したものです。視聴時間を短縮でき、かつ音声も聞き取れる速さで再生できるため、忙しい医療従事者でも活用しやすくなっています。

ブライトコーブ プロフェッショナル サービスは、お客様のビジョンをできるだけ短期間で現実化するために、コンサルティングから戦略、デザイン、開発という一貫したサービスを提供しています。利用社のニーズに合わせて、通常の「Video Cloud」からさらに進んだ、より複雑なカスタマイズが実現するソリューションです。


■ブライトコーブ プロサービスを利用した『医楽座』サイト内動画プレーヤ
http://www.atpress.ne.jp/releases/32010/1_1.jpg


<ブライトコーブについて>
ブライトコーブは、クラウドコンテンツ サービスの先進的なグローバル プロバイダーであり、世界中のプロフェッショナルなデジタルメディアの公開と配信に使用される製品ファミリーを提供しています。製品には、市場をリードするオンライン動画プラットフォームのBrightcove Video Cloud、コンテンツアプリ プラットフォームの草分け的存在であるBrightcove App Cloud、そしてクラウドベースのメディア処理サービスでHTML5動画プレーヤ技術を提供するZencoderがあります。これらを合わせると、60か国に及ぶ6,100以上のお客様がブライトコーブのクラウドコンテンツサービスを利用し、PC、スマートフォン、タブレット、コネクティッドTVにおいて非常に優れたメディア エクスペリエンスを構築し運営しています。
詳しくはこちらをご覧ください。
URL: http://www.brightcove.com/ja/


<ブライトコーブ株式会社 会社概要>
社名(商号): ブライトコーブ株式会社(英文名 Brightcove KK)
設立    : 2008年6月
代表者   : CEO兼代表取締役社長 橋本 久茂
本社    : 〒150-0022
        東京都渋谷区恵比寿南3-1-19 恵比寿ライトビル 2F
Tel     : 03-6303-2985
Fax     : 03-6303-2986
URL     : http://www.brightcove.com/ja/
事業内容  : (1)動画およびその他のリッチメディアコンテンツ用
          プラットフォームサービス提供業務
        (2)動画およびその他のリッチメディアコンテンツの
          運用コンサルティング及びサポート業務


※本プレスリリースは、予測される目標、成長、製品やサービスの開発あるいは強化の予定など、将来の見通しに関する記述を含んでいます。そうした将来の見通しに関する記述は(特に)、「考えます」、「期待します」、「可能性があります」、「するつもりです」、「計画します」、「はずです」、「予測します」、その他、これらと同様の表現およびそれらの否定語を使って表記されていることにより識別することができます。これらの将来の見通しに関する記述は保証ではなく、リスクや不確定要素により、本文書に述べられている予測と大きく異なる実際の結果を発生する可能性があります。このようなリスクや不確実性に関する論考については、Brightcove Inc.が証券取引委員会に提出している書類(フォーム10-Qに記載している直近の四半期報告を含む)にある「リスク要因」をご参照ください。ブライトコーブは、状況変化の有無にかかわらず、本プレスリリースに含まれる将来の見通しに関する記述を更新する義務を負うものではなく、そのような記述は発行された日付現在のものです。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング