【新刊】『人をつくる』―退学者ゼロ運動の奇跡「これが教育たい!」―図書出版浪速社より発売!

@Press / 2012年12月20日 10時0分

「人をつくる」
書籍の出版を行う図書出版浪速社は、2012年12月15日、新刊の書籍『人をつくる』を刊行しました。


■新刊『人をつくる』とは
いま教育に携わる人材が問われ、学校を取り巻く諸問題の中ではいじめで苦慮している事が様々なメディアに取り上げられている。
約30年前、経営破綻寸前に陥った西日本短期大学(通称:西短)。この西短をわずか数年で立て直し、県下有数の有名校に押し上げた人物、それが著者の須郷氏である。

その須郷氏とはどんな人物なのか?

もともと高校時代までを数々の人材を輩出している松下村塾がある山口県萩市で過ごし、一介の法律家だったが、次第に人づくりの魅力にとりつかれていった。
当時、西短教授だった著者は、持ち前の行動力と人を魅きつける魔力で、生徒の将来のためにわが身と私財を投げ出し破天荒学校改革と人間育成を断行した。
その時、学校のあるべき姿を「誰もが輝ける学校づくり」「学生や生徒たちが人生を楽しく、思いっ切り生きられる学校」と頭に描いた。
福岡県八女市にある西日本短大附 属高校といえば、1992年に夏の甲子園を制した実績を持ち、元メジャーリーガーの新庄剛志氏など幾名ものプロ野球選手を輩出した強豪校である。その他、Jリーガーの田中佑昌選手、女優の田中麗奈さん、俳優の藤本隆宏氏も西短の新しい教育で巣立った生徒である。
これまでの取り組みがどのようになされ、学生や生徒の個性をいかにして伸ばし、諸問題をどのように克服したのか?かつて教育界の風雲児と呼ばれた男の斬新なチャレンジとユニークな教育に、いま熱い視線が注がれる。


【本書の構成】
★第一部 人国記「人をつくる」
1 破錠寸前の学校を再建       17 ハワイ短期留学スタート
2 母、女手一つで切り盛り      18 「ハングル語」必修科目に
3 医師あきらめ法学科へ       19 甲子園目指し新球場建設
4 大学で社青同を組織        20 目標通り三年で甲子園に
5 研究の傍ら炭鉱で演説       21 新庄の才能伸ばした新監督
6 見合いから2ヵ月で結婚       22 水泳の藤本が五輪出場
7 短大で福祉法の助教授に      23 ユニーク教育で文相と対談
8 理事長らの乱脈経理発覚      24 「九大合格」へ予備校と提携
9 妻を保証人に5億円融資       25 全国初の「情緒学級」開設
10 苦境の中でも新聞に広告      26 夢に終わった新学園設立
11 「高崎山のサルを集めてこい」   27 道半ばで突然の校長解任
12 教育の基本は「ペンと汗」     28 理事長ら相手どり提訴
13 「退学者ゼロ」の取り組み     29 解任は家族顧みる機会に
14 「自分罰」で更生の道探る     30 大学講師として再び教壇に
15 ヤクザの子も同じ生徒       31 学園創設 夢は消えず
16 逮捕されても退学させず

@Press

トピックスRSS

ランキング