日本初の企業向けメンタルヘルス推進オンラインツール『マイメニュー』をリリース ~ 職場のメンタルヘルス(予防・早期発見・復職支援)を総合的にサポート ~

@Press / 2012年12月6日 11時0分

 共進社印刷株式会社(所在地:大阪市中央区、代表取締役社長:久保 輝久、以下 共進社)は、企業のメンタルヘルス対策の推進を総合的に支援する、オンラインメンタルヘルスツール『マイメニュー』をリリースしましたのでお知らせいたします。


 『マイメニュー』は、企業が従業員に対するメンタルヘルス対策を推進する上で必要とされる「健康増進・メンタルヘルス不調の防止(一次予防)」「メンタルヘルス不調の早期発見(二次予防)」「復職支援・再発防止(三次予防)」の三要素を、実際に企業でメンタルヘルスに取り組む担当者や臨床心理士、専門家の声や要望を集めて開発した、実践型メンタルヘルス推進ツールです。ストレスチェックだけではなく、予防や復職支援も含めた企業向けオンラインメンタルヘルスツールは国内初のサービスとなります。


◇従業員へセルフケアのきっかけを作りつつ、企業側管理者にはメンタルヘルス対策を主体的・効率的に推進できる環境をご提供

 『マイメニュー』は、従業員向けサイトと企業用管理サイトをセットでご提供します。従業員には、日々の健康管理や運動の記録ができる機能のほか、疲労蓄積度や職業性ストレスの簡易チェック、心身の不調が認められる従業員や復職を目指す休職者が日々の睡眠や活動の記録を事細やかに記録ができる生活記録機能などを、高いセキュリティ対策が施された個々のマイページで利用できます(入力やレポート閲覧はパソコンやタブレット型端末から24時間365日アクセス・利用が可能)。これらの機能は一般的に推進が難しいとされるメンタルヘルスの「セルフケア(※1)」を従業員に促し、不調の予防や早期発見が期待できます。一方、企業の人事・総務担当者、メンタルヘルス担当者・安全衛生スタッフ、産業医・保健師等の利用を想定した企業用管理サイトでは、従業員からの事前の許諾により、従業員の活動記録やストレスチェックをレポートとしてオンライン上で閲覧・集計することができます。従業員への定期的な疲労蓄積度やストレスチェックの実施、生活習慣改善に向けた社内キャンペーン、復職支援などを、企業の人事部門やメンタルヘルス推進チームが主体となって展開することが可能です。


◇『マイメニュー』独自の機能で、メンタルヘルス対策・管理のペーパーレス化や、施策のタイムリーな推進をサポート

 企業のメンタルヘルス対策は一般的に、記録表やチェックシートなど数多くの書類が発生し、集計作業や管理の煩雑さが問題となるケースがあります。そこで『マイメニュー』では、従業員をある基準や条件でグループ分けし、それぞれの従業員・グループに取り組みを推奨したい目標を従業員のマイページ上に自動表示させて取り組みと記録を促し、結果をオンライン上で確認・集計作業する機能も搭載しています。例えば、時間外労働が多発している部署には睡眠時間の記録を推奨するといった利用方法や、デスクワークがメインの部署には運動を推奨するなど、『マイメニュー』は紙を使用せずオンライン上でタイムリーにメンタルヘルス施策を展開できる点が大きな特長です。

@Press

トピックスRSS

ランキング