リクルートスーツ禁止!“自分らしい生き方・働き方”を考えるキッカケづくりに。固定観念をなくした夢を具現化、“自分軸“を発見するイベント『みんなちがって、みんないい ~夢をしごとにする~』12月15日開催

@Press / 2012年12月10日 13時30分

 スキンケアを通じて“自分らしく素で輝く美しさ”を提案する有限会社あきゅらいず美養品(本社:東京都三鷹市、代表取締役社長:南沢 典子)は、2012年12月15日(土)に、イベント『みんなちがって、みんないい ~夢をしごとにする~』第二回を「森の楽校」(あきゅらいず美養品本社)にて開催します。
http://www.akyrise.jp/minnaii


< まずはじめに >
 あきゅらいず美養品は、自分らしく生きることと隣の人・社会から求められることが「仕事」として結実した時、個人が輝き、最高のパフォーマンスを発揮すると考えています。そのため当社では、社員採用の際にも、「この人が自分らしく生きるとはどういうことなのか。そのためのステージを提供することができるか」といった視点で決定してきました。自分らしく働くことが会社や、周りの人々にも良い影響を与えられる(傍楽(はたらく))ということを理念とし、当社はこれからも社会に向けてはたらきかけていきます。


< イベント開催の背景 >
● 「仕事をする目的=自分の夢や希望を叶えるため」という若者が少ない
 内閣府が全国の15歳から29歳までの男女3,000名に行った調査によると、「何のために仕事をするのか」という質問に対して「自分の夢や希望を叶えるため」と答えた割合はわずか15.0%で、収入を得ることや生活のためといった現実性が主になっている若者が多いことが浮き彫りになりました。このことが、新卒の3割を超える離職率や、社会の閉塞感、GNPとGNH(国民総幸福量)の乖離を生み出す一要因となっているのではないでしょうか。
(参照:内閣府調査「平成24年版子ども・若者白書」 http://www8.cao.go.jp/youth/whitepaper/h24gaiyoupdf/index_pdf.html )

● 自分らしく生きるための“自分軸”を明確にし、仕事とはたらき方を考えてほしい
 上述の調査結果も含め、景気が低迷している昨今は、仕事に夢を持てていない若者が多いのが実情です。そこで、日本の国力を上げるため、そして「仕事に夢を描き、自分らしく生きる人を増やしたい。」という想いの元、昨年の「~変人社会人と仕事について考えよう!~」に引き続き今回の開催に至りました。参加者には、このイベントを通じて“自分らしく生きることはどういうことか”という自分軸を見つけ、夢に向かって踏み出すきっかけを掴んでもらうことを目指しています。

@Press

トピックスRSS

ランキング