自動車のカラーデザインコンテスト「オートカラーアウォード2013」 各賞受賞車について

@Press / 2012年12月14日 15時30分

「XV」
 一般社団法人 日本流行色協会(JAFCA、所在地:東京都千代田区、理事長:小町谷 朝生)では、自動車の色彩が持つ情感の豊かさを積極的に訴えかけてゆく中で、さらに文化的な深みを持った、優れた製品が社会に普及することを目指し、優れた自動車のカラーデザインを顕彰する制度「オートカラーアウォード」を1999年より実施しております。
 この度12月13日に文化学園大学(東京渋谷区)にて「オートカラーアウォード2013」の最審査会が行われ、各賞が決定いたしましたので、お知らせいたします。


1.グランプリ(総合的に最も優れたカラーデザインに贈られる)

●富士重工業株式会社「XV」
デザートカーキ(エクステリア)ブラック(インテリア)
担当デザイナー 雲野 裕紀(くもの ゆうき)氏

【メーカーのアピールポイント】
「アーバン・アドベンチャー」をテーマに、アウトドアでの高い機能性をもったプロスペックの道具を、都市生活でアクティブに使いこなす。そんなイキイキとした自分らしいライフスタイルを演出する。
エクステリアはユニークでタフな、使い倒せる道具っぽさを演出する、都市に映えるモダンなカーキのソリッドカラー。インテリアは深みを追求した上質なブラック。

【発表会での審査委員長のコメント】
今回のエントリーには、3つの傾向がみられた。それは、彩度や深みを追求するような“きれいな色”、低彩度、ソリッドライクのような“渋めの色”、2トーンや3トーンのようなエクステリアカラーでの“カラーコーディネーションありきのデザイン”。
今年のグランプリを選ぶにあたって、どの点を重視するか色々と議論が揺れたが、“きれいな色”という視点はこれまでもあるものだったため、“渋めの色”“カラーコーディネーションありきのデザイン”という2点を重視し、その両方ともが高く評価できるということで、スバル「XV」のデザートカーキ(エクスエリア)×ブラック(インテリア)をグランプリに選んだ。

[審査委員のコメント]
ソリッドカラーだが立体感、豊かな表情を創出している/プロテクターの黒とあわせる色として出てきたこの色はとてもインパクトがあり、ボディと樹脂パーツのコーディネートの新しい可能性を感じた/今までクルマでは見たことのない新鮮な色み/クルマのキャラクターに合った色、時代性もある。


2.ファッションカラー賞(時代の価値観やライフスタイルを先鋭に表現した優れたカラーデザインに贈られる)

@Press

トピックスRSS

ランキング