Hadoop活用の分散バッチ開発ソリューション「AZAREA-Cluster」の提供を開始 ~ GUIによる開発でビッグデータ処理やバッチ処理を高速化 ~

@Press / 2012年12月12日 13時0分

株式会社シーエーシー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:酒匂 明彦、以下 CAC)は、ビッグデータ処理やバッチ処理を高速化するHadoopアプリケーションをGUIで簡単に開発できる「AZAREA-Cluster」(アザレア クラスター)を、2012年12月12日(水)から提供いたします。

企業システムにおいて、RDB(Relational Database)では処理し切れない大量データのバッチ処理は、長年の大きな課題の1つでしたが、近年オープンソースの分散処理基盤であるHadoopが登場し、大量データを多数のマシンで分散処理することでこの課題を解決しつつあります。しかし、Hadoopはスケーラビリティが高く、大量データを高速に処理することができる反面、アプリケーションの開発が難しいという課題があります。

そこでCACでは、Hadoopアプリケーションを簡単に開発できるようにするため、アプリケーションフレームワークやGUI(Graphical User Interface)開発ツールを用意しました。それが、AZAREA-Clusterです。AZAREA-Clusterでは、Hadoop用のアプリケーションフレームワークとGUIの開発ツールにより、変換、結合、グループ化、ソートといった処理を組み合わせたHadoopアプリケーションを簡単に開発できます。これにより、Hadoopの高いパフォーマンスやスケーラビリティはそのままに、分散アプリケーション開発の生産性や保守性の向上を図ることが可能になります。また、AZAREA-Clusterはクラウド上でも利用可能なため、必要な時に必要な台数だけマシンを調達することで、コストの最適化にも寄与します。

AZAREA-Clusterは、メインフレーム上で稼働している夜間バッチアプリケーションの処理時間短縮と運用コスト低減などの用途への適用が見込まれます。さらに、小売業における購買データの変換・集計、金融業における取引履歴の分析などを効率的に行いたいというニーズにも応えるものです。


■AZAREA-Clusterの特長
・GUIによるアプリケーション編集
AZAREA-Clusterは、開発支援機能としてGUIツールを実装しており、アプリケーションの基本部分をデータ・処理フロー図として編集することができるため、生産性や保守性が大幅に向上します。

・Java言語によるコーディング
アプリケーションの詳細部分はJava言語によりコーディングします。新たな言語を覚える必要がなく、IDE(統合開発環境)の機能をフル活用できます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング