1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

杏林舍、学術専門の電子書籍サービス「KaLib」のリーダーアプリをバージョンアップ ~ iPhoneでの閲覧とPDFファイルを新たにサポート ~

@Press / 2012年12月20日 10時0分

株式会社杏林舍(所在地:東京都北区、代表取締役社長:渡邊 一正、以下 杏林舍)は、このたび2012年5月1日から正式にサービスを開始した、学術専門の電子書籍サービス「KaLib」を利用するための専用リーダーアプリ「KaLibリーダー」を2012年12月6日にバージョンアップしたことをお知らせいたします。


今回のバージョンアップによりアップル社のiPad以外に、待望のiPhone/iPod touchでのご利用が可能となります。さらに新機能として従来のePubデータ形式の他にPDF形式のファイルも閲覧出来るようになり、幅広いコンテンツに対応出来るようになります。なお、ご要望をいただいておりますAndroid版につきましては現在準備中であり、近日公開を予定しております。


また、学術専門の電子書籍サービス「KaLib」は、サービス開始から8ヶ月あまりで10を超える学協会にコンテンツ収載をご決定いただいております。

■日本肺癌学会
■日本産科婦人科学会
■日本胆道学会
■日本化学療法学会
■日本職業・災害医学会
■日本感染症学会
■日本呼吸器外科学会
■日本呼吸器財団
■日本医科大学医学会
■パブリックヘルスリサーチセンター
※現在採用検討中の学協会多数

今後も「KaLib」は、学術大会などを通して企業展示やiPadレンタルサービスなどのイベントを行いながら、学協会へ「KaLib」のご案内と学協会会員への普及促進活動を展開していきます。同時に市販されている専門書籍についても、今後掲載して参ります。

詳細につきましては、杏林舍Webサイトにてご紹介しております。
http://www.kalib.ne.jp/


■「KaLibリーダー」概要
対応デバイス: iPad、iPhone、iPod touch、(Android版は近日公開予定)
主機能   : ハイライト機能、メモ機能、しおり機能、
        十字スクロール機能、ローカル共有機能、SNS接続機能、
        辞書機能、PDF閲覧機能など
特徴    : 学術研究者、医療従事者の利便性を追求した「KaLibリーダー」は、学術論文が読みやすくなるよう十字スクロールという独自のページめくり機能や、お気に入りの論文集作成に役立つマイブック機能、用語集と連動する辞書機能など便利な機能が実装されております。
App Store  : http://itunes.apple.com/nz/app/kalib/id482525158?mt=8
        (iPad用・iPhone用・iPod touch用)


■株式会社杏林舍 概要
杏林舍は110の主要な学協会を支援する日本の代表的な学術サービスプロバイダーであり、研究論文やアブストラクトを紙とオンラインでクロスメディア出版する事業をサポートしています。研究雑誌、プロシーディング、ニューズレター他の刊行物の編集サポート、制作、印刷から、オンラインジャーナルの技術コンサルテーション・制作・マネージメントや、研究データベースおよびソフトウエアの開発に至るまで、サービス領域は多岐に及んでいます。

・本社所在地:〒114-0024 東京都北区西ヶ原3-46-10
・設立   :1946年11月
・代表者  :代表取締役社長 渡邊 一正
・事業内容 :学術雑誌の制作全般業務、学術集会関連サービス全般
       各種Webサービス及び、システム開発、
       学会事務・支援業務全般、
       トムソン・ロイター社「ScholarOne」製品の販売代理店

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング