1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

手持ちのスキャナとPCで利用可能!!“1年間”枚数無制限 クラウド型名刺管理サービス『KYBER Card 名刺』を新発売

@Press / 2012年12月19日 10時0分

『KYBER Card名刺』
株式会社O-RID KYBER(オーリッド・カイバー 所在地:大分県別府市、代表取締役:細井 孝志)は、このたび『KYBER Card 名刺』のAmazonでの発売を12月27日より開始致します。

『KYBER Card 名刺』は、ヒューマンリソースを活用したOCRによるデジタルデータ化クラウドサービス「KYBER(カイバー)」の名刺管理サービスを、1年間登録枚数無制限で受けられるプリペイドカード形式の商品です。


【枚数が多くて、1枚1枚撮影やスキャンをするのが面倒な方に】
「KYBER」シリーズからは、スマートフォン用アプリ「KYBER」や2012年7月に発売した、名刺専用小型スキャナ「KYBER SmartCardBox」がすでに発売され話題となっていますが、今回の『KYBER Card 名刺』は手持ちのスキャナを活用して、PCからまとめて名刺画像をアップロードするモデルを想定し、1年間枚数無制限ながら、9,800円という破格の価格設定で商品化されました。ADF機能を持つスキャナであればさらに手軽に、枚数を気にすること無くアップロードしていただけます。


【商品概要】
価格  :9,800円
標準納期:1週間
デジタルテキスト化名刺枚数:無制限
デジタルテキスト化有効期間:認証登録した日より1年間


【「KYBER」の機能について~変換精度100% すべての手間から解放します】
高精度の文字変換技術で定評のある人力OCRクラウドサービス「KYBER」は、万が一名刺データに誤変換があっても「やり直し機能」が搭載されていることで、文字変換精度は業界初の100%(※1)を実現しています。

※1 「KYBER人力OCR」による変換及び「やり直し機能」の組み合わせによる数値、画像不良による読取不可、誤変換は含まず。


【宛名ソフトと連携可能なCSV、ContactXMLでの出力が可能】
「KYBER for Web」を経由して、各種宛名ソフトに取り込みが便利なCSV、ContactXMLの形式で出力することが可能です。「KYBER」で名刺のデジタル化を行い、宛名ソフトや企業システムなどとの連携が自由に可能です。


【外出先でもスマホから名刺データを活用】
「KYBER for iOS/Android」から名刺データを開けば、それぞれの項目に応じたアプリが連動します。たとえば、電話番号をタップすればそのまま先方へ電話をかけられたり、住所のテキストデータは地図アプリへと連動し、現在地からの経路も簡単に検索できます。もちろん、メールアドレスはメーラーが、URLからはWebサイトを見ることができます。


【今後の展開について】
今後については、2013年1月に年賀状整理に最適の「ハガキ」に対応した、「KYBER Cardハガキ」を発売予定です。


『KYBER』のサービス・商品に関して詳細はO-RID GLOBAL BPO社のサイトをご参照下さい。
【KYBER for iOS/Andoroid】 http://www.o-rid.com/jp/service/k_smartphone.html
※Apple、Appleのロゴ、iPhone、iPod touchは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。iPadはApple Inc.の商標です。App StoreはApple Inc.のサービスマークです。

※Android、Google PlayはGoogle Inc.の商標または登録商標です。

【KYBER for Web】 http://www.o-rid.com/jp/service/web.html

◆推奨ブラウザ
・Internet Explorer 9以降
・Firefox5以降
・Safari 5以降
・Google Chrome


【株式会社O-RID KYBER 会社概要】
所在地 : 大分県別府市大字南立石2172番35
代表者 : 代表取締役 細井 孝志
設立  : 2012年11月5日
URL   : http://www.oridkyber.com/
事業内容: 名刺・手書きメモの高精度OCRクラウドサービス「KYBER」の日本国内販売代理業

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング