1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

コールセンターに電話回線はもういらない 主要通信キャリアの回線をクラウドで提供する「Multi Carrier Centrex」 ~日本初の複数キャリア中央交換局「Multi Carrier Centrex」~

@Press / 2012年12月18日 9時30分

サービスイメージ
グローバル・タンク株式会社(所在地:東京都千代田区、社長:田中 治幸)は、主要通信キャリアの回線をクラウドで提供するサービス「Multi Carrier Centrex」を提供しております。
http://www.globaltank.jp/center/index.html


■提供の背景
企業におけるクラウドコンピューティングやIPセントレックスの利用が広がる中にあって、電話など通信回線のクラウド型サービスはこれまで提供されていませんでした。そのためコールセンターの多くは、いまだに自社で回線を所有し、固定回線費用を払い続け非効率な運用を強いられています。グローバル・タンクが2011年に開始したMulti Carrier Centrex(マルチキャリアセントレックス)は、コールセンターが抱えている様々なニーズに応えた製品です。

- 繁忙期に必要な回線数を常に維持し続ける無駄な固定費を削減したい
- 急な回線増強に迅速に対応したい
- 回線導入や管理の煩わしさから解放されたい
- コールセンターを海外展開したい

これまでに、医療関係、航空券予約受付、通信販売などのコールセンター数千席の導入実績があり、今日まで通信障害などのトラブルなく運営されています。2012年12月、通信回線の増設および設備増強を行い、今後さらなる顧客獲得と産業全体で通信インフラの有効活用を推進いたします。


■サービス概要
Multi Carrier Centrexは、NTT東西、NTTコミュニケーションズ、KDDI等、国内主要通信キャリアの回線を常設しているデータセンターと、顧客であるコールセンターやASPベンダーを接続し、データセンターから通話を受発信するサービスです。

- 必要な通信回線を、必要な時、必要な数、必要な期間提供
- 複数のコールセンター拠点のハブ的機能の提供(国内外拠点可)
- 複数キャリア回線の選択的利用
- フリーダイヤル、フリーコール、ナビダイヤル等、開通までの手配をワンストップで提供
- 顧客の要望に合わせた音声形式(コーデック、音声符号、プロトコル)

■サービスイメージ
http://www.atpress.ne.jp/releases/32310/1_1.PNG


本サービスの詳細説明として、2013年1月にセミナーを開催いたします。
第1回 :「コールセンターのIP化」
    2013年1月22日(火) 16:00~17:30
    対象:コールセンターのIP化を検討中の方
       従来型PBXを温存しながらの拡張を考えている方

第2回 :「Multi Carrier Centrexのメリットとその活用術」
    2013年1月29日(火) 16:00~17:30

会場 :帝国ホテル本館 5F インペリアルクラブルーム
    〒100-8558 東京都千代田区内幸町1-1-1
定員 :20名程度
参加費:無料
申込 :下記内容を記載の上メールにてお申し込みください。
参加日、氏名、会社名、所属部署、役職、住所、電話番号、メールアドレス、参加目的
セミナー申込・その他問い合わせ先: tech@globaltank.jp


■会社概要
会社名: グローバル・タンク株式会社
所在地: 〒100-0011
     東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテルタワー8F
設立 : 1993年8月
代表者: 社長 田中 治幸
URL  : http://www.globaltank.jp/index.html

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング