ユニ・チャーム、病院共同で小児喘息研究 子どもの就寝時マスク装着によって、喘息の悪化を5割低減!

@Press / 2012年12月20日 11時0分

グラフ1
ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原 豪久)は、小児科のアレルギー専門医(てらだアレルギーこどもクリニック・国立病院機構三重病院・徳田ファミリークリニック・監修:大阪歯科大学)と協力して、外来通院中の喘息の子どもを対象に就寝時にマスクを装着する効果について研究を行いました。この結果、「就寝時にマスクを装着することで、子どもの喘息症状と喘息による治療などを5割低減させる」ことを実証いたしました。この研究成果を、2012年11月30日の第62回日本アレルギー学会秋季学術大会にて発表しました。


*図1 <マスク着用有無による、喘息発症率の違い>
http://www.atpress.ne.jp/releases/32315/1_1.jpg
(ACD:asthma control day 喘息無症状日)

*マスクを付けて就寝する子どもの様子のイメージ
http://www.atpress.ne.jp/releases/32315/2_2.jpg


■研究の背景
近年、日本の子どもの喘息は年間100万人いると想定されており約5-10%で増加傾向にあります。特に夜間の喘息症状によって睡眠を妨げられることは、子どもの生活の質を低下させることが懸念されております。喘息の原因は様々考えられておりますが、中でも空気中のダニ・ハウスダストなどのアレルゲンの増加が要因の一つと言われています。マスク装着は、ハウスダストを気道へ吸引することをブロックできる有効な手段だと考えられますが、今まで検証は殆ど行われていませんでした。
そこで、この度治療中の小児喘息患者の協力を得て、子供用マスクを販売する企業としての立場から、“子ども達の喘息症状を少しでも減らし安心して快適な生活を送って欲しい”という思いのもと、寺田 明彦先生(てらだアレルギーこどもクリニック)、徳田 玲子先生(徳田ファミリークリニック)、長尾 みづほ先生(国立病院機構三重病院アレルギー科)、久保 伸夫先生(大阪歯科大学耳鼻咽喉科)、藤澤 隆夫先生(国立病院機構三重病院臨床研究部)と共同で、子どもの就寝時におけるマスク装着によって、喘息症状の低減ができるかという研究を行いました。


■研究の概要
対象:6歳~15歳の男女 31名
期間:春2011年4月~7月、秋2011年9月~12月
方法:独立行政法人国立病院機構 三重病院、てらだアレルギーこどもクリニック、徳田ファミリークリニックに通院患者で、保護者の協力を得られた子どもに、マスク装着せず就寝した日とマスクを装着して就寝した日についてピークフローの測定と症状・治療内容をそれぞれ観察した喘息日記と通院時に喘息と鼻炎症状についてのアンケートを行う方法で調査し、1.喘鳴がない、2.発作治療薬(β2刺激薬)の使用がない、3.早朝の咳がない、4.夜間の喘息症状(喘鳴、咳、それらによる夜間覚醒)がない、5.喘息による救急受診がない、6.喘息悪化による長期管理薬の追加・増量がない、これら6項目すべてが満たされた日を「喘息がコントロールされた日(asthma control day:ACD)」として比較検討した。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング