不動産コンサルティング技能登録者の新名称が決定 新名称『公認 不動産コンサルティングマスター』

@Press / 2013年1月4日 11時0分

リーフレット
不動産に関する相談が複雑化、高度化する現在、幅広い専門知識と豊富な実務経験を備えたプロフェッショナルの証として約3万人が登録している「不動産コンサルティング技能登録者」(運営:公益財団法人 不動産流通近代化センター)の新しい名称が決定しました。

昨年夏の公募から厳正な審査を経て、決定した新しい名称は『公認 不動産コンサルティングマスター』(*)です。この名称には、技能登録者に今まで以上に誇りを持ち、お客様の不動産に関するあらゆる相談に応えることができる熟達したプロ中のプロ、いわば不動産のマスターとして日々研鑽を積んでほしいという思いが込められています。
新名称のロゴについては1月下旬に発表する予定です。


また、この度の新名称決定と同時に受験資格を拡大。これまでの対象であった宅地建物取引主任者、不動産鑑定士に加え、2013年11月の試験より一級建築士の資格をお持ちの方も受験できるようにいたします。
なお、今回の新しい名称の制定にあわせ、登録自体に有効期間を設定。「技能登録証」の更新手続きをとらない方は不動産コンサルティング技能登録を継続できないことといたします。


* 「公認」とは公益財団法人 不動産流通近代化センターが認定するもので、不動産特定共同事業法、金融商品取引法などの法令に定められた人的要件をみたすことになります。


【団体概要】
法人名 : 公益財団法人 不動産流通近代化センター
代表者 : 理事長 伊藤 博
設立  : 1980年11月
URL   : http://www.kindaika.jp/

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング