女子中高生の77%が『プリ顔』派- “ちょい盛り顔”が理想の自分?! -

@Press / 2013年1月4日 10時30分

図1
株式会社ふみコミュニケーションズ(所在地:東京都港区、代表取締役:堀川 明人)は、自社で運営する女子中高生のためのポータルサイト“フミコミュ!”にて、2012年11月1日より2012年11月25日までの期間、女子中高生のプリントシール機に関する意識調査を実施しました。


【調査結果詳細】 http://www.fumi23.com/puri/enquete/1212/
【調査概要】
調査名 :プリントシール機に関するアンケート
調査期間:2012年11月1日~2012年11月25日
調査方法:インターネット調査
調査対象:女子中高生を中心とした全国のフミコミュ!ユーザー449名
     (中学生57.7%、高校生30.3%)


【注目点1】
「普段の顔とプリの顔、好きなのはどっち?(SA)」という問いに対し、女子中高生の実に77%が「プリの顔」と回答しました。「普段の顔が好き」と答えたのはわずか6%にとどまり、プリ機が創り出す「少し美化された自分」を理想的な顔だと感じているようです。

図1:普段の顔とプリの顔、好きなのはどっち?(SA)
http://www.atpress.ne.jp/releases/32543/1_1.JPG


【注目点2】
「盛られているプリの顔も普段の顔とほぼ一緒(100%-60%)」と答えた女子中高生が半数を超えました。その一方で、プリの顔は実際には別人だと考える層(類似度30%以下の回答)も20%近く存在していることが判明しました。意外にも彼女たちはプリを楽しみながらも、「これはこれ」と冷静に現実を受け止めているようです。

写真
http://www.atpress.ne.jp/releases/32543/4_4.png

図2:普段の顔とプリの顔、どのぐらい一緒だと思う?(SA)
http://www.atpress.ne.jp/releases/32543/2_2.JPG


【注目点3】
1ヶ月のプリ代は500円以内(39%)が最も多く、1,000円(36%)、1,500円(11%)と続きました。
注目すべきは0円が3%程度にとどまっているところで、洋服やコスメを買うような感覚で、彼女たちが定常的にプリへもお金を使っていることがわかりました。

図3:1ヶ月のプリ代ってだいたいどのぐらい?(SA)
http://www.atpress.ne.jp/releases/32543/5_3.jpg

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング