「鍋焼き」は、うどんだけではなかった!?新横浜ラーメン博物館に『鍋焼きラーメン』が登場!

@Press / 2013年1月8日 11時30分

鍋焼きラーメン(1)
フードアミューズメントパーク新横浜ラーメン博物館(所在地:横浜市港北区、代表取締役:岩岡 洋志)では、『鍋焼きラーメン』発祥の店「谷口食堂」を平成25年1月26日(土)から4月7日(日)の期間限定でオープンします。

新横浜ラーメン博物館
http://www.raumen.co.jp/home/index.html

画像入りのニュースリリースはこちらをご覧ください。
http://www.raumen.co.jp/home/rtn20130107.html


【新横浜ラーメン博物館の来館者300人に聞きました!】
Q.「鍋焼き」といえば?
答え
うどん :97%
ラーメン: 2%
カレー : 1%

■うどんの次に多かったのは・・・
300人中6人が回答したのは「ラーメン」でした。しかし、高知県中部に位置する須崎市(すさき)で、同じ質問をすると、ほとんどの人がラーメンと答えます。須崎市には『鍋焼きラーメン』という戦後から続くご当地ラーメンが存在するのです。平成23年からB-1グランプリに出場していることもあり、知名度は上がってきましたが、東日本ではまだまだ知る人ぞ知るラーメンのひとつです。

【『高知・須崎 鍋焼きラーメン』とは】
『高知・須崎 鍋焼きラーメン』の特徴は、「鍋」に入ったアツアツの状態で提供する独特のスタイルです。『鍋焼きラーメン』を注文すると必ずタクアンの古漬けが添えられ、ほとんどの人がライスを注文する文化も特徴のひとつです。ライスが鍋の蓋の上にのせられてくる姿は、誰もが驚く光景です。
『高知・須崎 鍋焼きラーメン』の歴史は古く、発祥は戦後間もなく須崎市の路地裏に開店した「谷口食堂」。もともとは普通のラーメン丼で提供されていましたが、店主の谷口 兵馬(たにぐちひょうま)さんが、出前のラーメンが冷めないようにと丼の代わりにホーロー鍋を使用したのが、『鍋焼きラーメン』のはじまりです。当時は「鍋焼き中華」という名称で、地元では「鍋中(なべちゅう)」の愛称で親しまれていましたが、昭和55年に後継者不在という理由から、惜しまれながら閉店しました。
「谷口食堂の「鍋中」をもう一度食べたい!」と願う人が多いことから、「谷口食堂」の味を目指して『鍋焼きラーメン』を提供するお店が増え、現在に至るまで『鍋焼きラーメン』文化が受け継がれています。また、現在、人口約24,000人(平成24年11月現在)の須崎市で36軒が『鍋焼きラーメン』を提供しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング