2013年節分の日、調布・布多天神社にて寺社マルシェが開催~手づくり市出展内容の傾向に変化。震災以降、「癒やし」や「きずな」を求める来場者が増加~

@Press / 2013年1月11日 15時30分

人形師ウロロノ
調布一樹会は、2013年節分にあたる2月3日(日)に布多天神社(東京都調布市)にて、寺社マルシェ「布多天神社節分つくる市」を開催いたします。
http://tedukuriiti.web.fc2.com/


■「布多天神社節分つくる市」概要
日時 :2月3日(日)9:00~16:00 ※小雨決行
場所 :布多天神社(境内) 〒182-0021 東京都調布市調布ケ丘1-8-1
    京王線・調布駅北口下車 徒歩5分
出展数:約60ブース


■『布多天神社(ふだてんじんじゃ)つくる市(いち)』とは
平安時代の法律書「延喜式」にも名を連ねるという古い歴史を誇る布多天神社の境内で、毎月第1日曜日に開かれる布小物やアクセサリー、木工品、陶芸品などのハンドメイド作品から、焼き菓子やパン・ラスクなどの飲食系まで、<つくる>ことにスポットをあてた市(いち)。また、形のないジャンル(演奏やパフォーマンス、占いやマッサージなど)の参加も受け入れているのが特色です。

つくる市は、2011年2月よりスタートし、以後毎月第1日曜日に定期開催しています。今回、2013年2月3日はちょうど第1日曜日にあたるため、節分豆まきの催しで賑わう境内をさらに盛り上げるイベントとなります。

<つくる市 2013年スケジュール>
2月3日(日)、3月3日(日)、4月7日(日)、 5月5日(日)、 6月2日(日)、
7月7日(日)、8月4日(日)、9月1日(日)、10月6日(日)、11月3日(日)、12月1日(日)
※いずれも毎月第1日曜日、開催時間9:00~16:00 小雨決行


■『布多天神社つくる市』出展内容
『布多天神社つくる市』は、つまみ細工やアクセサリーをはじめ、布小物、革小物、陶器、ガラス造形、木工品、オリジナルデザインのポストカードなど多種多彩な手づくり作品と天然酵母パンやラスク、焼き菓子などのフードブースが出そろう、いわゆるクラフトマーケット(寺社マルシェ)です。
3.11(東日本大震災)以降、「癒やし」や「救い」、「きずな」といったキーワードが来場者たちから求められており、現在そのニーズに応えるように出展内容にも変化が起きています。

<各ブースについて>
2013年1月、調布市にある布多天神社の境内では新年早々の寒空にも関わらず、カイロプラクティック『ムラマサ』ブースには「出張整体」の順番を待つ列が途切れませんでした。施術を受ける来場者は男女問わず、10代前半から80代までと年代の幅は広く、特に20~30代が目立ちました。通常は、新中野の本店で診療しているムラマサは、このつくる市で新規顧客獲得のためお手頃な価格でサービスを行っているとはいえ、冬場のこの時期としてはこれまで見られなかった盛況でした。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング