1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

クラスメソッド、ECサイト向けパフォーマンス最適化サービス「チューター」初期調査無料で提供開始

@Press / 2013年1月16日 11時0分

サービスロゴ
クラスメソッド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:横田 聡、以下「クラスメソッド」)は、企業ECサイトのパフォーマンス最適化を行うサービス「チューター( http://classmethod.jp/services/tutah/ )」の提供を開始いたしました。


http://www.atpress.ne.jp/releases/32679/a_1.jpg
(図は本サービスのロゴ)


「チューター」はECサイトを継続的に調査、計測、分析、改善を行うことによって、パフォーマンスを良好な状態で維持し、顧客満足度向上を支援するサービスです。既に複数の企業に本サービスを提供し、好評を得ています。

多くのECサイトやWebサイトがマスメディア広告やSEO対策をしているにもかかわらず、Webサイトが最適化されていないために、ユーザー体験を損ねている例(離脱など)がありました。
そこでクラスメソッドに蓄積されたノウハウによってサイトを軽量化し、パフォーマンスを最適化した上で、軽量化によってインフラにかかるコストを削減し、広告効果を最大化するサービスの提供を開始しました。

本サービスは以下の課題をお持ちのお客様を想定しています。
・運営しているECサイトの訪問者数、訪問回数、コンバージョン率を向上させ、売上を増加させたい。
・急激に訪問者数が増えた時に、サーバー側の処理が追いつかずに見込み客が離脱している。
・インフラコストを50%以上削減したい。

本サービスの背景として、米国を始めとする海外の多くのWebサイトでは以下のような統計データが公開されています。
・米国の大手ECサイトでは1秒高速化されると10%の売上が向上した。
・米国のコミュニティサイトでは表示速度を6秒から1.2秒に高速化したことで12%の売上が向上した。
・米国トップ20以内のECサイトは、Webページの読み込みを1.5秒以内で完了している。
・米国大手ポータルサイトでは、トップページの読み込みを400ms向上される毎に9%以上のアクセス増がある。

逆に、ECサイトのパフォーマンスが良くない場合には以下の問題があります。
・61%のユーザーが遅いECサイトに再訪しない。
・25%のユーザーが、ECサイト表示に6秒掛かった時には離脱してしまう。
・75%のユーザーが、ピーク時に遅延を待たずに競合他社のECサイトへアクセスする。
・40%以上のモバイルデバイスのユーザーは、初期表示に5秒以上かかる場合は再読み込みボタンを押す。

これらの問題に対し、「チューター」は改善の目安となる現時点のスコアを調査し、継続的にサイトのパフォーマンスを計測、ボトルネックとなっている箇所を分析します。オプションとして、クラスメソッドがECサイト構築で得られたノウハウにより最適化を行います。その際、追加オプションとしてコンテンツ配信ネットワークサービスの Amazon CloudFront も利用し、更なる高速化を実現いたします。「チューター」はあらゆるECサイトに有効であり、通販はもちろん、コンテンツ配信、コミュニティサイト等にも適応可能です。

サービス提供にあたり、クラスメソッドの社内にはビジネス状況を踏まえた上で改善計画を立案するコンサルタント、アマゾン ウェブ サービス (AWS) に関する知識をもった技術者、Webサイト最適化の経験も豊富なWebディレクター、ECサイトのパフォーマンスも考慮して素材制作のできるデザイナーが在籍しております。

サービスプランと価格は下記になります。
・Webサイトの診断:無料
 現在のレイティングを調査します
・定点観測:100,000円/月額
 実回線、モバイルを含む主要ブラウザを対象 モバイルを含む
・コンサルティング:200,000円/月額
 定点観測を元に、速度と品質改善に向けたゴール設定と具体的な達成方法についての支援提案
・チューニング:応相談
 スペシャリストが直接、お客様のECサイトの改善を行います

※定点観測およびコンサルティングの最小契約期間は3ヶ月間です

アマゾン ウェブ サービス、Amazon Web Services、Amazon CloudFrontおよびAmazon Web Services ロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。


本リリースの冒頭で紹介したように、本サービスは既に複数の企業に導入実績があります。導入効果に関するコメントをご紹介します。
------------------------------
株式会社集英社は、クラスメソッドの新サービス「チューター」のリリースを歓迎いたします。

当社では、本サービスの正式リリース前から当社ショッピングサイト「FLAG SHOP」において先行して利用しています。本サービスの導入効果によりパフォーマンスが最適化されており、軽快に表示される当社Webサイトはユーザーより好評です。その結果、テレビCMが放映された直後のアクセスが急増する時間帯においても遅延やエラー等はみられず、ランディング先であるショッピングサイトが期待通りの機能を果たしたため、マスメディア広告から最大限の効果を得ることができました。数値上の実際の効果について、具体的な数字は差し控えますが、期初計画を上回るペースであるとだけ伝えさせて下さい。
尚、今回のチューニングにあたって採用された Amazon CloudFront はECサイト上で多数の画像を配信する弊社にとっては最適のサービスでした。
今後も、更に魅力的なサービスやフィーチャーの提供を期待しています。

集英社 ブランド事業部
ダイレクトマーケティング室
綿鍋 様
------------------------------------------------------------
クラスメソッドさんにご助言をいただき対応した結果、3カ月でDランクからBランクまで向上しました。
これにより直帰率が明確に低下し、流入数に関しても昨年比で大幅な増加を続けています。
今後も、継続して速度向上に対しての施策を行ってゆく予定です。
また、これらをAWS環境下に構築しておりますが、この点も臨機応変な対応を取れることに繋がっています。
引き続き、PDCAを効率よく回して行けるようご助言宜しくお願いします。

エアプラス株式会社
常務取締役兼CIO
今井 様
------------------------------------------------------------


■「チューター」について
本サービスの内容については下記のサイトをご参照下さい。
http://classmethod.jp/services/tutah/

■本件に関する一般の方向けお問い合わせ先
本リリースに関するお問い合わせについては、下記のアドレスへお願いいたします。
info@classmthod.jp

■クラスメソッドについて
クラスメソッド株式会社は、2004年に設立しました。ユーザーインタフェースデザイン、スマートフォン、クラウドに注力し、多くのアプリケーション開発・運用を行ってきました。近年では、AWSソリューションプロバイダとして、クラウドを活用したシステムの設計や活用方法について、情報発信やコンサルティング活動を行い多くの実績を残しています。
http://classmethod.jp/

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング