オウンドメディアを手軽にソーシャル化できる「ソーシャルカタログ(TM)」×「gigya(ギギャ)」連携サービスを提供開始!

@Press / 2013年1月18日 14時0分

連携概念図
 株式会社博報堂アイ・スタジオ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:平林 誠一、以下 博報堂アイ・スタジオ)は、博報堂DYグループの横断組織「博報堂DYグループ・ソーシャルメディア・マーケティングセンター、以下 SMMC」と開発した「ソーシャルカタログ(TM)」に、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:矢嶋 弘毅、以下 DAC)グループの株式会社トーチライト(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:矢吹 岳史、以下 トーチライト)提供の世界600社以上が導入しているソーシャル化プラットフォーム「gigya(ギギャ)」を連携させたサービスを提供開始いたしました。

 ソーシャルメディア利用者数の急速拡大に伴い、コーポレートサイトや通販サイトなどの活用も変化してきています。これらのオウンドメディアは、一方的に情報配信を行う“to C型”から、ソーシャルメディアと連携して生活者と共にブランドを作っていく“with C型”への転換が求められています。
 「ソーシャルカタログ(TM)」×「gigya」連携サービスは、FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアの機能をオウンドメディア上で実現し、企業と生活者とのソーシャルコミュニケーションを可能にする商材です。導入企業は、ソーシャル連携プログラムを開発することなく簡単にこのサービスを導入することができ、独自開発に比べ短納期低コストで、オウンドメディアをソーシャル化することが可能です。そして、ソーシャルメディアのIDとパスワードでのログインによる会員化促進、ソーシャルメディアへの情報拡散、ゲーム感覚で参加できるコンテンツの拡充、また、生活者反応の可視化がオウンドメディア上で可能になりソーシャルメディアごとの統計数値分析もできるので、生活者とより良いコミュニケーションを作る為のPDCAサイクルを構築することができます。


■3つのソーシャルコミュニケーションを実現
特徴1:オウンドメディア上の人気情報を可視化
いいね!やコメントなどで、オウンドメディア上の人気情報を把握し、「人気まとめサイト」などのスペシャルコンテンツや「ガジェット」などの新たなコンテンツとして活用可能。

特徴2:gigyaの機能を活用可能
FacebookやTwitterなどのIDでログインできるソーシャルログインやゲーミフィケーションなどのgigyaの機能を活用可能。

@Press

トピックスRSS

ランキング