1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

関西で1日10,000個売れる「生クリームサンド」も全国へお届け!創業30年超の「パン工房 カワ」が通信販売スタート ~冷凍・解凍しても変わらない美味しさを~

@Press / 2013年1月29日 11時0分

生クリームサンド
和歌山と大阪で17店舗を展開する「パン工房 カワ」(運営会社:株式会社カワ、所在地:和歌山県有田郡、代表取締役:川 良弘)は、この度、多い日には10,000個を販売する「生クリームサンド」をはじめとしたこだわりパンの通信販売を開始いたしました。

今回の通信販売は、関西を出られた方からの「生クリームサンドを年中食べたい!」や「上京した家族に“食べたいから送って”と頼まれる」「知人・友人に贈りたい」といった多くのご要望にお応えするために開始したものです。

ホームページ: http://www.ec-kawa.com/


【カワの人気商品「生クリームサンド」とは?】
■誕生当初から愛され続ける“唯一無二”のパン

「生クリームサンド」の原点となったのは、30年前に当社社長がパティシエの経験を生かし開発した“食パンに生クリームを入れる”という発想です。今では一般的になった手法ですが、当時はその斬新さにより爆発的にヒットし、日本中からパン業界をはじめとする企業が視察に訪れました。

その頃に誕生したのが、今でも多い時には1日10,000個を販売する「生クリームサンド」です。コーヒーパンにイチゴジャムと生クリームをはさむという、シンプルな組み合わせでできた「生クリームサンド」も、発売当初からヒット商品となりました。それ故に、多くの店が同じような商品の開発を試みましたが、ほんの少しバランスが違うだけで味が左右されてしまい、同じような味を再現すること自体が難しいことから、当社の「生クリームサンド」は“唯一無二”の商品となりました。

この度オープンした通販サイトでは、本商品の取扱いも行なっております。


【通販サイトオープンにあたってこだわったポイント】
■水分量が多い「カワのパン」。冷凍・解凍しても水分を逃さない製法を確立

そもそもカワのパンは「飲みものがなくても美味しく召し上がって頂けるように」をコンセプトに、水分量の多い商品開発を行ってきました。しかし、通信販売をする上で冷凍対応が可能な生地にする必要があり、水分量を維持することが課題となりました。

通常、パンを冷凍するとパン自身が保持している水分が凝固と共に蒸発し、空気中に出てしまいます。この問題をクリアするために、製法・材料を変えながら何度も試作を繰り返した結果、水分が蒸発しにくく、解凍後も柔らかい、しかも従来の商品と変わらない味を作り出すことに成功しました。また焼きたてを急速冷凍することで、日持ちさせることも可能にしています。


【通販サイト『パン工房 カワ』概要】
■生クリームサンドはもちろん、3年間保存可能なパンまで!

日本人が美味しいと感じる、柔らかく口どけのよいパンを、実店舗と変わらないクオリティーでご提供する通販サイトです。保存料は使用せず、製法や素材を追求し、焼きたてを急速冷凍することで日持ちのするパンを販売いたします。
1日に10,000個を販売する「生クリームサンド」はもちろんのこと、フルーツをふんだんに使用したカンパーニュや、現代人に不足しがちな栄養素を含む健康ぱん、パン屋が本気で作ったデニッシュ食パン、3年間保存可能な長期保存パンなどのこだわり抜いた商品をラインナップしています。

URL     : http://www.ec-kawa.com/
商品カテゴリ: 生クリームサンド、健康ぱん、天然酵母のカンパーニュ、
        デニッシュ食パン、おいしい保存パン、セット商品
商品価格  : 200円(税込)~


■会社概要
会社名 : 株式会社カワ
所在地 : 和歌山県有田郡広川町広501-5
代表者 : 代表取締役 川 良弘
創業  : 1981年
事業内容: 製パン・製菓の製造及び販売
URL   : http://www.ec-kawa.com/
      http://e-kawa.co.jp/ (グループ会社一覧)

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

おいしい笑顔 健康ぱん 店舗写真

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング