アンシス・ジャパン、製品の性能と完全性を高める「ANSYS(R)14.5」の国内リリースを発表 マルチフィジックス解析およびHPCがエンジニアリングの生産性向上と技術革新をもたらす

@Press / 2013年1月24日 10時0分

マニホールドの形状最適化
アンシス・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:馬場 秀実)は、高度なマルチフィジックス解析を可能にする製品群「ANSYS14.5」の国内リリースを発表しました。「ANSYS14.5」は、従来に比べてより効率的な最適化設計を実現し、仮想的試作品を作れます。マルチフィジックス解析の新機能は、ANSYS Workbenchとシームレスに統合され、生産性の向上や技術革新を促進します。

実環境では、製品性能が操作条件、使用法、製造工程、材料特性などにより変化します。製品が複雑になるにつれて、設計変更が性能に及ぼす影響の予測はさらに困難になります。このような状況でも、マルチフィジックスシミュレーションを利用することで、解析結果に基づいた設計判断ができ、製品性能を向上させることが可能です。「ANSYS14.5」は、複数のシミュレーションソフトウェアのワークフローを効率的に統合するANSYS Workbenchをプラットフォームとし、マルチフィジックス解析の機能拡張や、プリ処理およびメッシングの機能強化がされました。また、パラメトリック解析に適した新しいHPC(ハイパフォーマンスコンピューティング)ライセンスの導入により、スケーラブルな最適化設計を可能にします。

「今日の製品は、ますます高性能化と複雑化が進んでいます。設計の不確実性を減らし、製品開発で成功を収めるには、製品が満たすべき要件と設計について全体的な視野で検証することが非常に重要です。製品挙動を確実に予測して、顧客満足度の高い価値ある製品を開発するために、弊社の多くのお客様が、「ANSYS14.5」とANSYS Workbenchの詳細で幅広い機能に信頼を寄せています。」(アンシス本社、社長兼CEO、Jim Cashman)


■「ANSYS14.5」の特徴とメリット
【設計最適化に対応した新HPCライセンス】
「ANSYS14.5」は、HPCを利用した最先端のソリューションを提供します。ジョブ管理機能を改善して拡張されたWorkbenchのパラメトリック解析技術と、スケーラブルな計算が可能な新しいHPCライセンスを組み合わせることで、ロバストな設計最適化を行えます。
<マニホールドの形状最適化>
http://www.atpress.ne.jp/releases/32914/a_1.jpg

特に、新しいHPC Parametric Packは、各アプリケーション(プリ処理、メッシング、解析、HPC、ポスト処理)の利用可能なライセンスを拡張し、パラメータ解析のみ同時処理できます。
<HPC Parametric Pack>
http://www.atpress.ne.jp/releases/32914/b_2.jpg

@Press

トピックスRSS

ランキング