NTTドコモ『通話録音サービス』に対応した企業向け録音管理システム『VoIS(ヴォイス)』を販売開始

@Press / 2013年1月29日 14時0分

サービスイメージ
株式会社ネクストジェン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大西 新二、以下 ネクストジェン)は、株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(以下 ドコモ)の携帯電話やスマートフォンの通話の内容をドコモのネットワークにて自動録音する法人向けサービス『通話録音サービス』に対応した、企業向け録音管理システム『VoIS(ヴォイス)』を販売開始したことを発表いたします。

『VoIS』URL
http://www.nextgen.co.jp/solution/enterprise/system/nx-e3d.html


『VoIS』は、ドコモの『通話録音サービス』に保存された録音データ(音声ファイル)を、ネットワークを通じて企業内に設置した管理サーバで受信・蓄積して、企業内に設置したPCで簡単に検索して録音データを再生することが可能なシステムです。
ネクストジェンは、今後3年間で『VoIS』の関連機器含めた売上を、1億円見込んでいます。


【VoIS(ヴォイス)概要】
製品型番  :NX-E3D
販売開始日 :2013年1月29日
提供開始時期:2013年2月下旬を予定
利用条件  :ドコモ「通話録音サービス」のご加入


<特徴>
●ドコモ『通話録音サービス』に対応
ドコモ「通話録音サービス」を容易にご利用いただける、企業向け録音管理システムです。

●容易な導入と導入コストの削減
企業内に設置するサーバやネットワーク機器とアプリケーション及び導入サービスをパッケージ化しているために、従来『通話録音サービス』で必要だったアプリケーションの開発やサーバシステムの構築が不要となり、容易な導入が可能となっています。

●簡単操作
録音管理サーバに蓄積された録音データ(音声ファイル:wave形式)は、PCのWebブラウザから検索して再生できますので、管理権限に合わせてどなたにも簡単にご利用いただけます。

●信頼ある導入実績
サーバアプリケーションは、既に大手証券会社等の金融機関でご利用いただいております。


<ドコモ『通話録音サービス』の特長>
●すべての通話を、もれなく録音
本サービスご契約の携帯電話を日本国内でご利用の場合、全ての通話を録音できるため、大事な通話の録音漏れを防止。また、録音開始がわかるよう、通話開始前にガイダンスが流れます。

●普段お使いの携帯電話をそのまま利用可能
録音を行うために特別な操作は不要。また音声通話が可能な携帯電話であれば機種の制限はありません。

●録音した通話内容を音声ファイルとしてご契約企業様へ送信
録音した内容をファイル化して、ご契約企業様の設備へ送信します。なお、ファイルを送信するために、ドコモとご契約企業様設備を通信回線で接続する必要があります。


<お勧めの企業様>
●通話内容を後から利活用したいお客様
●電話を利用したお取引が多いお客様


・サービスイメージ
http://www.atpress.ne.jp/releases/32993/1_1.jpg

※本システムをご利用いただくには、ドコモ『通話録音サービス』へのご加入が必要です。
※ドコモ『通話録音サービス』には、インターネットまたは専用線を経由して接続されます。


※ドコモ『通話録音サービス』に関しては、下記をご覧ください。
http://www.docomo.biz/html/service/tsuwarokuon/

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング