カレコ・カーシェアリングクラブ ユーザーアンケート2012結果発表<パート4>~電気自動車カーシェアの利用意向は約8割。普及の課題は充電インフラ~

@Press / 2013年1月30日 14時0分

電気自動車を利用したきっかけ
三井物産株式会社100%出資のカーシェアリング・ジャパン株式会社(以下 CSJ、本社:東京都渋谷区、代表取締役:村山 貴宣)は、CSJが運営するカーシェアリング・サービス「カレコ・カーシェアリングクラブ」の個人会員を対象に2012年11月2日~11日にユーザーアンケートを実施いたしました。そのアンケート結果を4回に渡り発表します。第4回目は「電気自動車カーシェアの利用状況と今後の利用意向」についてです。

CSJは、カーシェアリングを“豊かな暮らしを支える次世代の交通インフラ・サービス”と位置づけ、「環境・街づくり」「地域密着」「スマート&ファン」「パートナーシップ」をキーワードに、東京都(23区中心・調布市・福生市)、神奈川県(横浜市・川崎市)、千葉県(浦安市・市川市・船橋市)、埼玉県(さいたま市・川口市・戸田市)を中心にカレコ・カーシェアリングクラブとしてサービスを展開しています(2013年1月28日時点 483ステーション・561台)。


【カレコ・カーシェアリングクラブ ユーザーアンケート2012】
「電気自動車カーシェアの利用状況と今後の利用意向」

<1>電気自動車カーシェアの利用状況について
・電気自動車カーシェアを利用したきっかけのトップは「電気自動車に興味があった」であり、54.5%となっている。続いて、「電気自動車のステーションが近くにあった」となっている。
・電気自動車カーシェアを利用しない理由としては「充電ポイントが少ない」が55.9%、「走行可能距離が短い」が36.5%と高くなっている。電気自動車の普及には充電ポイントの増加というインフラ整備、走行可能距離の延伸が有効と考えられる。

グラフ: http://www.atpress.ne.jp/releases/33027/1_1.png
     http://www.atpress.ne.jp/releases/33027/2_2.png


<2>今後の電気自動車カーシェアの利用意向
・「最寄りのステーションに電気自動車とガソリン車がある場合、どちらを使うか」という質問に対し、「距離に応じて使い分ける」という回答が最も多く、続いて「電気自動車を優先して利用する」となった。合計では約8割の方が電気自動車を利用する意向があることが分かる。

グラフ: http://www.atpress.ne.jp/releases/33027/3_3.png

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング