統合ログ分析アプライアンス「NetAttest BigData(TM)」をリリース 企業ITの状況把握・問題解決を支援

@Press / 2013年1月30日 18時0分

「NetAttest BigData」構成イメージ
株式会社ソリトンシステムズ(本社:東京都新宿区、代表:鎌田 信夫、以下 ソリトン)は、統合ログ分析アプライアンス「NetAttest BigData(ネットアテスト ビッグデータ)」を開発、本日1月30日より販売を開始します。

ITシステムが多様化・複雑化するとともに、利用状況や通信データのログも高度化・拡大しており、そのログを、セキュリティやコンプライアンスなどに活用するログマネジメントが注目されています。PCのログマネジメントは浸透しつつありますが、ネットワーク機器のログマネジメントについては、導入前に検討が必要な「ハードウエア選定」「OSのセキュリティ対策」「バックアップ運用の策定」、運用開始時に発生する「多数の初期設定」「レポート設計」「分析UIの操作学習」等の課題が多く、導入の先送りや、導入はしても運用が回らず有効なログ分析がされていないのが実状です。

NetAttest BigDataはこのような課題を解消し、簡単にログ集約・分析を行う統合ログ分析アプライアンスです。
バージョン1.0では、ソリトンのアプライアンスが対象で、セキュリティ対策やコンプライアンス対応など様々な用途に役立つソリトン製品のログ分析レポートを標準搭載し、ログ収集設定を行うだけですぐに運用をスタートできます。

NetAttest BigDataでは直観的な操作で必要な情報をグラフィカルなレポートや検索結果の詳細を確認できます。

たとえば;
問題特定 認証できない状況のユーザーIDを特定して原因究明を行う
コンプライアンス 未許可の端末からのアクセスの実態を把握して記録を保管し、内部統制の報告に利用
IT投資プランニング さまざまな利用状況を把握することで、負荷分散を図るなど、効率的なIT投資を計画

更に、多種の検索コマンドを利用して高度な分析も可能です。

NetAttest BigDataは豊富な実績を持つソリトン独自のアプライアンス設計ノウハウと、アプライアンス専用OS「NAOS(TM)(ネイオス)」により長期間の安定稼働と、ログ分析システムに特化したハードウエアチューニングによる最適なパフォーマンスと高信頼性を両立しています。高機能な分析エンジンであるSplunk(R)を採用しており、分析時の高速なレスポンスとログフォーマットに依存しない拡張性と、テラバイト級のログ分析が可能なシステムで、管理者の運用時の負担も軽減します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング