次世代データ品質プラットフォーム『Spectrum(TM) 8』を発表 ~企業データの管理モジュールを包括的に提供。企業の顧客戦略に、データとロケーションによるインテリジェンスで支援~

@Press / 2013年1月31日 12時0分

企業の顧客向け活動にかかわる管理ソリューションを世界的に提供しているピツニーボウズ・ソフトウェア(Pitney Bowes Software Inc.)の日本法人であるピツニーボウズ・ソフトウェア株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:堀 康二、 http://www.group1.jp )は、同社のデータマネジメントソリューションである『Spectrum(TM) 8』日本語版の発売を1月31日より開始いたします。


今回リリースする『Spectrum 8』では、新たにグラフデータベースアーキテクチャを採用し、マスターデータの分析を強化するマスターデータ管理(MDM)モジュールが加わり、企業内の各業務システムのデータベース内に保存されているデータを複数の方式で統合できるようになりました。

また、マッピング機能を持つMapInfo Spatial ServerがLocation Intelligenceモジュールへ統合された他、中国やフィリピンを含む14カ国のジオコーディングをサポートしたEnterprise Geocodingモジュールの改良などの空間機能がより拡充しました。

この他、既存モジュールにも新たな機能が加わり、データの入出力に際してより多くのフォーマットに対応し、さらにデータベースへの読み書きのパフォーマンスが向上しました。

本製品はFacebook社において、多国籍のジオコーディング実現のために導入されたのをはじめ、世界各地のテレコム業界や金融業界など多くの企業で利用されています。


【『Spectrum 8』の主な新機能】
■複数のDBのデータを統合するMDM機能
ソーシャルグラフ(人と人、人とモノとの互いの関係性)等に代表されるネットワーク構造の扱いに長けるグラフデータベースのアーキテクチャを採用し、企業(組織)は重要なデータ資産の関係性を中心に置いた「マスター・データ・ビュー」を構築することができます。
また、ネットワークアナリシス機能を用いて、ビジュアルにデータの関係性を把握することができるようになります。顧客分析に基づいたセールスチャネルの構築、顧客ごとに価値のあるコンテンツや対話性に富んだマーケティング活動を充実させるための重要なステップを可能にします。

■新たに14カ国のジオコーディングを実現
住所から緯度経度を生成する機能を持つEnterprise Geocodingモジュールにおいて、チリ、中国、エストニア、ギリシャ、香港、インド、インドネシア、ラトビア、リトアニア、マカオ、フィリピン、ロシア、スロバキア、スロベニアの14カ国のジオコーディングが新たに可能となりました。日本をはじめ従来から可能だったエリアを含めて、ワールドワイドの空間情報処理に威力を発揮します。

@Press

トピックスRSS

ランキング