仮想化環境全自動最適化・I/Oスループット最大化ツール『V-locity(R)(ヴィロシティ) 4 日本語版』新発売

@Press / 2013年2月1日 11時0分

VMware Partner ロゴ
Windows用アプリケーション&ストレージパフォーマンス最適化ソフトウェアDiskeeper(R)(ディスキーパー)およびネットワーク対応ファイル復元ツールUndelete(R)(アンデリート)の開発元であるCondusiv Technologies(コンデューシブ・テクノロジーズ 旧社名 Diskeeper Corporation 本社 米国、カリフォルニア)は、この度、仮想化環境VMware ESX・ESXi、Microsoft Hyper-V上で動作するWindows OSの最適化ツール『V-locity 4 日本語版』のリリースを発表いたします。日本国内における販売は相栄電器株式会社が担当し、2013年2月1日よりボリュームライセンスの販売を開始いたします。
詳細は、V-locity 日本語版製品情報Webサイトでご確認ください。( http://auto-defrag.com/v-locity )

V-locity 4 (ヴィロシティ)は、仮想化環境のI/Oを最適化する、仮想ストレージ・アプリケーションのパフォーマンスソフトウェアです。ハードウェアを更新・追加することなく、IT組織の仮想化環境をこれまで以上に高速化させることができます。
V-locityは、VMware ESX・ESXiとMicrosoft Hyper-V仮想化環境の読み取り/書き込みのI/Oを最適化することにより、仮想マシンのパフォーマンスが最大50%改善されるため、アプリケーションのボトルネックが解消され、1台の物理サーバーでより多くの仮想マシンを稼働できるようになります。
V-locityは、仮想化環境のストレージ要件・設備投資・運用コストを削減するとともに、必要なアプリケーション/サービスの導入速度と効率を向上させます。積極的なI/Oボトルネックの解消は、ビジネスの生産性を向上させ、仮想化に期待されている価値を確実にもたらすことに繋がります。

◆V-locity 4の主なメリット
・仮想マシンとアプリケーションのパフォーマンスを最大50%改善
・物理サーバーごとの仮想マシン密度を最大50%増加
・頻繁に使用されるファイルへのアクセスを最大50%高速化
・追加のストレージ ハードウェアに投資することなく、I/Oパフォーマンスを向上
・不必要なI/Oの削減によるハードウェア寿命の最長化
・これらのメリットを自動的/リアルタイムに実施する真の“Set It and Forget It”(R)(インストールしたらあとはお任せ)

@Press

トピックスRSS

ランキング