2月27日(水)、渋谷ヒカリエにて、公益法人による後見制度(任意・法定)についての無料相談会を開催 ~完全予約制 限定15組~

@Press / 2013年2月7日 16時0分

セミナー風景
共同住宅に関する経営の指導および、地域に密着した相談に対応するため法律・税務相談等を行なう公益社団法人東京共同住宅協会(所在地:東京都渋谷区)は、2月27日(水)に、渋谷ヒカリエにて、「ご自身・ご家族の判断能力が低下した場合の財産管理」に不安を感じている地主さん・家主さん向けの無料相談会を開催致します。

相談会URL: http://tojukyo.net/info/20130206.html


■相談会開催の背景
高齢化社会の日本では認知症問題が深刻化しており、日本における65歳以上の認知症患者はすでに240万を超えているという推計もあります。誰もがなり得るこの病気ですが、特に地主さん家主さんにとっては、ご自身の判断能力が低下したときの財産管理が問題になり、将来に不安を感じている方も多いようです。
しかし、そのようなお悩みは「後見制度」を活用することで、一気に解決できるのです。
将来、ご自身の判断能力が低下したときに、信頼している人に財産の管理を支援してもらう方法など、専門の相談員が丁寧にご説明します。
具体的なご相談がある地主さん、家主さんのみを対象とした、15組限定の無料相談会です。


■開催概要
日時:2013年2月27日(水)
   相談会  13:30~16:30
   特別講演 14:30~15:30
会場:渋谷ヒカリエ 11F カンファレンス room1104
   (東急田園都市線・東京メトロ副都心線『渋谷駅』15番出口直結)
   (東急東横線・JR線・東京メトロ銀座線・京王井の頭線『渋谷駅』と2F連絡通路で直結)


<内容>
【特別講演】
14:30~15:30
「不動産の管理・売却と後見制度」
講師:章司法書士法人 太田垣 章子 氏
◆後見制度は2つある?法定後見と任意後見の違い
◆自分の望む未来を上手に伝えるコツとは?

【コンサルタントによる相談会】
(1)13:30~14:30 (2)15:30~16:30

[持ち物]
■登記簿謄本や公図・名寄帳など、ご相談対象の不動産に関する書類
※お持ちでない場合もご参加いただけますが、より効果的なアドバイスを差し上げる為にも、可能な限りご持参ください。
<FAX申込用紙>
http://tojukyo.net/info/20130206.pdf
※事前予約が必要です。参加申込の際に相談内容をお伝えください。


■公益社団法人東京共同住宅協会 概要
公益社団法人東京共同住宅協会は、東京都都市整備局を所轄官庁とする、民間賃貸住宅経営者・入居者・住宅関係企業を支援する団体です。国および東京都の住宅政策に協力し、共同住宅の健全な進歩発展と経営に携わる皆様の意識の高揚を図り、住宅事情の改善と社会福祉の増進に寄与することを目的として活動しております。

主な事業内容: (1)賃貸経営者、入居者、事業関係者の円満な関係を構築
        (2)共同住宅全般に関するセミナー等の開催
        (3)共同住宅に関する相談会及び指導
        (4)機関紙の発行と配布
        (5)他団体との交流
        (6)賃貸住宅の耐震化を支援する事業
        (7)震災時における東京都への空室情報提供協力事業
URL     : http://www.tojukyo.net/

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

認知症を有する高齢者人口の推移

@Press

トピックスRSS

ランキング