Android OS搭載の飲食店向けオーダー端末「MAXNAVI neo」 飲食店向けオペレーティングシステム「MTO」の発売開始!

@Press / 2013年4月25日 11時0分

「MAXNAVI neo」
外食・店舗向けのオーダー端末の販売を行なっているUSENグループの株式会社アルメックス(所在地:東京都港区、代表取締役社長:中村 史朗)は、Android OSを搭載した飲食店舗向けオーダー端末「MAXNAVI neo」と、飲食店向けオペレーティングシステム「MTO」を2013年5月1日より販売いたします。

「MAXNAVI neo」は、カスタマイズをすることで、お客様によるセルフオーダーから、店員による通常オーダーまで、店舗のコンセプトに沿った使い方が可能なテーブルトップオーダー端末です。
居酒屋やレストランなどの飲食店から、カラオケ店まで、様々な業態の店舗でご利用いただけます。


■「MAXNAVI neo」の特長
(1)薄型設計
業務用に必要な耐久性はそのままで薄型のスタイリッシュさを実現。テーブルの上に馴染みやすく、扱いやすくなりました。

(2)直感的な操作
Android OSを搭載し、これまでよりも直感的な操作が実現できるようになりました。

(3)プッシュ型メニュー
お客様の“次は?”を想像したメニュー構造を実現します。これによって売上アップのためのツールとして活躍します。

(4)ICチップリーダー搭載
ICチップリーダーを搭載しているため、おサイフケータイやEdyカードを利用した店舗独自のアイディアを活かしたメンバー登録・顧客管理といった拡張が可能です。

(5)見やすいディスプレイ
178度視野角の、美しく見やすいHDディスプレイを搭載しています。

(6)長時間バッテリー稼働
最大約10時間の長時間バッテリー駆動で、コンセント配線が困難なテーブルでも運用が可能です。


■製品概要
製品名        : MAXNAVI neo
サイズ        : 285mm×203mm×17.5mm(凸部21.7mm)
重量         : 940g
発売・提供開始日   : 2013年5月
詳細サイトURL     : http://www.almex.jp/mcs/


■今後の目標や展望
今回の「MAXNAVI neo」の発売を先駆けとして、今後アルメックスでは飲食店向けトータルシステムとして廉価型PC-POS、一体型OES、テーブルオーダー端末、キッチンシステム、ウエイティング、券売機、入出金機、精算機などのシステム機器のほか、売上管理、顧客管理、業務管理等のクラウドを利用したアプリケーションを順次提供していきます。
アルメックスでは、「MTO」と名付けたトータルオペレーションシステムで、来店客の道先案内コンシェルジュのようなシステムのご提案が可能です。
これまではオーダー端末のような「効率化」「省力化」をキーにした製品を軸にしていましたが、今後は効率化だけでなく「売上アップにつながる」をキーとした製品にシフトしていきます。
また、製品力だけでなく、自動精算機の分野で蓄積したノウハウを活かしたユーザーオペレーションのコンサルティングを提案します。


■会社概要
会社名 : 株式会社アルメックス
所在地 : 〒107-0061 東京都港区北青山3-1-2
代表者 : 代表取締役社長 中村 史朗
設立  : 1966年(昭和41年)6月28日
資本金 : 23億6,000万円(払込資本金)
従業員数: 502名(2012年8月末現在)
URL   : http://www.almex.jp/
事業内容: ビジネス・シティホテル、病院、レジャーホテル、
      ゴルフ場等に総合ソリューションシステムを提供
      (自動精算機/ホテル管理システム/顧客管理システム/
      売上管理システム/受付システム/案内表示システム/
      映像配信システム/コンテンツサービス)

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング