インターネット上で問屋から消費者へ食品を直接販売する国内最安値クラスの「食NET」がオープン

@Press / 2013年2月15日 9時30分

酒・食品の卸業者として事業を展開する荻野酒造株式会社(所在地:大阪府大阪市、代表取締役社長:松井 隆行)は2013年2月2日より、日本の食品流通業界にメスを入れるべく、インターネット上で問屋から消費者へ食品を直接販売する新規事業「食NET」を立ち上げました。

ECサイト「食NET」: http://shoku-net.com/


【背景】
少し賞味期限が短くなったものや、箱に破損があるだけといったような理由で返品された商品の行く末は廃棄です。毎日毎日、食品そのものの品質に全く問題ない商品が大量に廃棄されています。そのような事が、今の日本では当たり前のように行われています。

当社はこのような状況に対し、「なんとか解決したい」と考え、事業を開始しました。


【「食NET」について】
「食NET」はインターネットを使い、問屋から消費者へ食品を直接販売する形態です。これは、中間業者から小売店までもが省かれてしまうために、これまで業界内では「タブー」と言われておりました。しかしながら、この「タブー」を打ち破る事により、国内最安値クラスで食料品を消費者へお届けする事が可能となりました。

ECサイト「食NET」: http://shoku-net.com/

<商品の一例>
・日清食品 チキンラーメン5P  :楽天市場417円、Amazon380円、食NET280円
・カルピスウォーター1.5L   :楽天市場165円、Amazon169円、食NET138円
・サントリーBOSSカフェオレ185g:楽天市場 63円、Amazon 74円、食NET 57円


また、「食NET」は単なるECサイトではありません。ブロードバンドの普及により動画再生環境が飛躍的に向上しました。そこで、週2回のメール配信で商品を楽しく紹介する目玉品紹介動画をお届けしています。動画をふんだんに活用する事によって商品がより分かりやすくなり、お買い物がより楽しくできるようになっております。

「廃棄食品を無くす」という非常に高い志の元に開始した本事業。「社会貢献」と「消費者への価値提供」を両立させるべく、全力で邁進してまいります。


【会社概要】
商号  : 荻野酒造株式会社
代表者 : 代表取締役社長 松井 隆行
所在地 : 大阪府大阪市北区西天満3丁目5番12号 エアテックトーアビル1F
設立  : 1950年10月3日
資本金 : 1,700万円
事業内容: 全酒類卸売業(地酒・地焼酎・ワイン・酒ギフト)、
      プレミア酒、こだわりの地酒焼酎の販売、
      小川合名会社の総販売元
URL   : http://www.ogino-shuzo.co.jp

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング