1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

GfK Japan調べ:2012年映像ソフト市場総括

@Press / 2013年2月27日 13時30分

 ジーエフケー・ライフスタイルトラッキング・ジャパン株式会社(略称:GfK Japan、所在地:東京都中野区、代表取締役社長:藤林 義晃)は、2012年のセル映像ソフトの販売動向を発表した。


【概要】
・2012年のセル映像ソフト市場は、数量前年比9%減、金額前年比4%減となった。
・販売チャネル別では最大チャネルのEコマースがさらに構成比を拡大し、金額ベースでは51%に達した。
・Blu-rayソフト市場は金額前年比16%増の成長を遂げ、市場規模は682億円に到達した。


【映像ソフト全体】
 2012年のセル映像ソフト市場(通常DVD、Blu-ray等をすべて含む)は5,161万枚、2,202億円となった。前年比は数量ベースで9%減、金額ベースで4%減と、7年連続のマイナス成長となった。販売チャネル別では、Eコマースが金額構成比51%を獲得、次いでメディアストアが29%、家電量販店が9%を占めた。ジャンル別では、音楽が前年を上回る高い成長率を示した。音楽の構成比は、数量ベースで27%(対前年4%ポイント増)、金額ベースで33%(対前年6%ポイント増)となり、数量・金額ともに最大ジャンルとなった。一方、洋画は前年から縮小し、数量構成比27%、金額構成比12%となった。邦アニメは金額構成比24%を占め、ほぼ前年並みとなった。
 メーカー(発売元)シェアは、前年に引き続き数量ではワーナー・ホーム・ビデオ、金額ではエイベックスが首位となった。ディストリビューター(販売元)シェアでは、音楽からアニメまで幅広くカバーするソニーミュージックが、数量・金額ともに数年来の首位を維持した。


【Blu-rayソフト】
 2012年のBlu-rayソフト市場は1,282万枚、682億円となった。数量前年比11%増、金額前年比16%増と、成長率は前年よりは緩やかになったものの2桁増を維持した。結果、セル映像ソフト市場全体に占めるBlu-rayソフトの割合は金額ベースで31%に達した。チャネル別金額構成比は、Eコマースが65%に達し、次いでメディアストアが17%、家電量販店が13%となった。ジャンル別金額構成比では邦アニメが46%と最大ジャンルを維持、洋画が19%を占め邦アニメに続いた。邦アニメ、洋画とも前年から構成比が縮小する一方、音楽は対前年7%ポイント増の18%と洋画にせまる勢いを見せた。ジャンル構成は邦アニメ・洋画・音楽の三強体制となった。


【2013年展望】
 2013年通年の映像ソフト市場は、数量・金額ともに漸減傾向が続くと予想される。音楽におけるBlu-ray比率の増加や劇場公開アニメのラインナップ拡充等により、Blu-rayソフト市場は引き続き成長を続けると予想されるが、市場全体の縮小傾向を相殺するまでには至らず、最終的には前年をやや下回る水準で着地すると推測される。なお、スマートフォンやタブレット市場の拡大により、ビデオオンデマンドやストリーミングの映像配信サービスも活性化すると予測される。しかしながら、セルソフト市場への影響は限定的で、映像配信の話題性が映像コンテンツ全体への需要喚起に結びつく事が期待される。


≪ジーエフケー・ライフスタイルトラッキング・ジャパンについて≫
 ジーエフケー・ライフスタイルトラッキング・ジャパン株式会社は、家電製品などの耐久消費財実売データ、その他総合マーケティングサービスを提供する市場調査会社、GfKの一員です。
 オプティックス製品、ゴルフ用品、映像ソフトウエアなどの分野において、POSデータ・店舗監査データを基に推計した市場代表性の高いマーケットデータと関連サービスを提供しています。

URL: http://www.gfkrt.com/japan/

※弊社名を報道にて引用頂く場合は、正式社名のほか、「GfK Japan」、「ジーエフケー ジャパン」、「GfKジャパン」の略記でも結構です。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー:参加する
ウィークリー:参加する
マンスリー:参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください