持ち出しPC・タブレットの情報漏えい対策や、多拠点PCの管理向上を実現する企業向けクラウド統合ソフトウェア『Eugrid CloudDock』を発売

@Press / 2013年2月26日 9時30分

概要
 Eugrid(ユーグリッド)株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:池田 実)は2013年2月26日より、Windows PC、タブレットやiPadの利便性はそのままに、持ち出した端末の情報漏えい対策や、多拠点に分散した端末の容易な管理を実現するソフトウェア『Eugrid CloudDock(ユーグリッド クラウドドック、以下 CloudDock)』を発売します。

■製品URL: http://cloud.eugrid.co.jp/


 CloudDockは、Eugrid社がこれまで培ってきたソフトウェアシンクライアント技術と最新のクラウドストレージ技術を統合することによって、以下の課題を解決します。

●セールスマンやフィールドエンジニアが持ち運ぶPC・タブレットの安全性と利便性を高め、ビジネス効率を向上させたい。
●多数のPC・タブレットを分散した拠点で運用する小売、飲食、旅行代理店、流通、MRなどにおいて末端の情報セキュリティを高め、情報の一元管理と運用負荷の軽減を低コストで実施したい。
●教育産業や法律・会計事務など、委託先が多数存在する業種において、委託先からの情報漏えいを防ぎたい。
●オフショア開発など、海外委託先における技術情報の流出を防ぎたい。


■PCやタブレット端末にデータを残さない
 CloudDockが導入されたPC・タブレットでは、ユーザーのデータはすべて自社内、データセンター、あるいはWindows AzureやAmazon EC2などに作成されたクラウドに自動的に保存され、必要になった時点でPCのメモリ上など、安全な一時記憶領域にダウンロードされます。これらのデータは管理者の設定したポリシーに従って厳密にコントロールされます。
 デバイス内のハードディスクやフラッシュドライブにはユーザーのデータを一切保存させず、ログオフやシャットダウン時に端末上のデータをすべて消去することができるため、盗難・紛失事故による情報漏えいや産業スパイによる技術情報流出の防止に効果を発揮します。
 厳しい社内セキュリティポリシーをお持ちのユーザー様でも、厳格なポリシーを設定することで、今まで諦めていたモバイルコンピューティング環境の活用が可能です。

●管理者がポリシーで一元的にデータ利用をコントロール
●デバイスの紛失や盗難による情報漏えいを防止
●飛行機内や地下などのネットに接続できない場所ではオフラインで仕事ができ、オンラインになった時点で自動的にクラウドと同期
●海外など不安定な通信環境下でも安心して仕事ができる環境を提供

@Press

トピックスRSS

ランキング