スマートフォンアプリを使って福島に継続的な雇用を創出!領収書データ入力代行サービス「トッテオクール」をリリース

@Press / 2013年2月28日 11時0分

サービスロゴ
 ピリカワークス株式会社(本社:東京都北区/代表取締役 共同最高経営責任者:大沼 健哉 鹿嶋 健介)は、福島県いわき市の主婦を担い手とし、現在都内を中心に増加している個人事業主の領収書データ入力代行を行うスマートフォンアプリ「トッテオクール」を本日2月28日(木)にリリースいたします。

 本サービスは、福島の主婦を担い手として、増加する個人事業主の抱える課題を解決するサービスです。SEEDx地域未来塾(内閣府「復興支援型地域社会雇用創造事業」選定事業)社会起業プランコンペティション採択事業となっております。


 3.11から2年が過ぎようとする今、福島への支援は次の局面を迎えています。求められているのは毎日の生活を支えることができる「継続的な雇用の創出」です。
 本サービスのユーザーである個人事業主は、今後も拡大が見込まれております。彼らは一人で多くの業務を行わなくてはいけない中で、不慣れな領収書の入力に煩わしさを感じています。
 この「トッテオクール」というアプリを利用すれば、領収書をスマートフォンのカメラで撮影してアップロードするだけで、後は福島県いわき市の主婦が代わって入力、仕訳、データ化します。β版を利用したモニターユーザーからは、「領収書の入力にかかる時間はこれまでの10分の1に。本業に集中できます。」「まさに撮って送るだけ。確定申告の資料までそろうのでとても楽です」という声を頂いています。
 本サービスは福島で継続した雇用を生むことができる事業として、SEEDx地域未来塾(内閣府「復興支援型地域社会雇用創造事業」選定事業)社会起業プランコンペティション採択事業となっております。

■サービスの流れ
http://www.atpress.ne.jp/releases/33740/2_2.png


【ビジネスモデル】
 「トッテオクール」は、フリーランスやノマドワーカーと呼ばれるような個人事業主らをターゲットにしたサービスです。個人事業主は、本業の忙しさの中で、つい経費精算などは後回しにしてしまいがちで、気が付けば、引き出しの中にたくさんの領収書が溜まってしまっているという話もよく耳にします。特に確定申告期限の近いこの時期は大変な負担がかかるものと思います。
 この「トッテオクール」なら領収書をスマートフォンで撮影するだけで、トレーニングを受けた福島県いわき市の主婦が入力を行い、毎月の経費精算データや確定申告に必要な経費データを作成するサービスです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング