Savvis、「SAP HANA(R)」向けの月額制ホスティング・サービスを提供

@Press / 2013年3月1日 15時0分

* このプレスリリースは、2013年2月28日、米国セントルイス発のプレスリリースの抄訳です。


エンタープライズ向けクラウド・インフラストラクチャー/ホスト型ITソリューションのグローバル・リーダーである、CenturyLink(NSE:CTL)傘下のSavvis, Inc.(NASDAQ:SVVS)は、本日、「SAP HANA(R)」に対応した、月額制のグローバル・ホスティング・サービスを提供することを発表しました。

Savvisが提供するホスティング・サービスにより、グローバル・エンタープライズ企業は「SAP HANA」対応のインフラストラクチャーの保有・保守を行うことなく、業界を代表する取引/分析データベース・プラットフォームを迅速かつリアルタイムに利用することが可能になります。


Savvisのプレジデント、ジェフ・ヴォン・デイレン(Jeff Von Deylen)は、次のように述べています。
「当社の『SAP HANA』向け月額制サービスを利用することで、お客様は最大の柔軟性と拡張性を享受できます。これらのメリットは、データセットの増大や分析機能の進化に伴って必要となるものです。Savvisのホスティング・サービスを介して『SAP HANA』を活用することで、OSやアプリケーション層のコントロールを失うことなく、高価なサーバー・ハードウェアの保有・保守コストを削減できます。」


「SAP HANA」はリアルタイム・データベース・プラットフォームです。分析、計画、予測、感情評価のプロセスを合理的に行うことで、リアルタイムでのオペレーションを実現します。SAP認定のクラウド/ホスティング・サービス・プロバイダーであるSavvisは、今後、コスト効果に優れたSAPのミッション・クリティカル・アプリケーション対応のオンデマンド・サービスをグローバル・エンタープライズ向けに展開していきます。

SavvisはSAPの認定を取得するため、クラウド・インフラストラクチャー、物理・論理セキュリティ対策、各種プロセス、ポータル、技術スタッフ面全てにおいて、SAPの広範なテストを受けました。このプロセスを通じ、クラウド・コンピューティング・プラットフォームやホスティング機能と、それに対応するアプリケーションを運用面で連携できることが実証されたほか、品質や可用性、そしてセキュリティに関するSAPの要件をこれまで以上に満たせるようになりました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング